東白龍(左)を押し出しで破り、4連勝の宇良=両国国技館(撮影・佐藤厚)

写真拡大

 「大相撲初場所・4日目」(13日、両国国技館)

 人気業師の十両宇良(28)=木瀬=が新十両の東白龍(玉ノ井)を押し出して、初日から4連勝に伸ばした。強烈な突き押しを何発も食らいながら耐えた。相手の引きに乗じて一気に出ると、最後は体ごと飛び込んだ。

 「精いっぱいやりました」と気合。相手の攻めをしのいだことに「怖くて出られなかったんじゃないですか。何か痛いと思ったら腫れて…。相撲って感じですね」と、赤く腫らした右目の下を気にした。

 2度の右膝手術を乗り越え、先場所、16場所ぶりに関取復帰。9勝6敗と勝ち越した。今場所も好調維持し、剣翔と2人が全勝トップで並ぶ。「連勝は意識しません。意識したら止まった時にダメージが大きい」と気を引き締めた。