今季、5年ぶりのJ1復帰を果たす福岡が13日、新体制発表記者会見を開き、昨季までC大阪に所属したFWブルーノ・メンデス(26)が加入することを発表した。

 会見の冒頭であいさつした川森敬史社長が「先ほどサインした。正式に入団が決定した」と明かした。

 本人は、帰国後の自主隔離で会見には出席しなかったが、ビデオメッセージを寄せ「自分の持てる力をチームのために使う」などと話した。

 ブラジル出身のブルーノ・メンデスは19〜20シーズンの2年間、C大阪でプレー。昨季はチームトップの9ゴールを挙げた。昨季のチーム得点王・FW遠野大弥が川崎にレンタルバックされ、5年ぶりにJ1を戦うチームにとって、実績抜群の頼もしいストライカーの加入は大きな力となる。