売買されたという国際希少野生動植物種のコミミセンザンコウの剝製(はくせい)=2021年1月13日午前10時20分、警視庁戸塚署、角詠之撮影

写真拡大

 絶滅の恐れがあるため国際取引が原則禁じられている哺乳類「コミミセンザンコウ」の剝製(はくせい)を売買したとして、警視庁は13日、種の保存法違反(譲り渡し等の禁止など)の疑いで男女3人を書類送検し、発表した。

 書類送検されたのは、東京都三鷹市の古物商の男(47)と無職の妻(同)、福島県いわき市の派遣社員の男(37)。戸塚署によると、夫婦は2019年10月、ウェブ上のフリーマーケットサイトでコミミセンザンコウの剝製1体を販売するという広告を出し、派遣社員の男と直接やり取りして売った疑いがある。派遣社員の男は1万8千円で買った疑いがあり、「かわいくて、どうしても諦めきれなかった」などと供述しているという。