アニメ『EDENS ZERO』の場面カット (C)真島ヒロ/講談社・NTV

写真拡大

 テレビアニメ『EDENS ZERO』が、4月10日から日本テレビ系(深夜0時55分〜)で放送されることが決定した。あわせてティザーPVが初解禁された。

【動画】キャラボイス解禁!シキ、レベッカが出会う名シーンのPV

 初の動画解禁となるティザーPVでは、既に解禁しているシキ役の寺島拓篤、レベッカ役の小松未可子、ハッピー役の釘宮理恵のキャラクターボイスも。冒頭は原作の始まりと同様に幼いころの主人公・シキが、2つの影とともに夜空に流れる彗星を見上げるシーンから始まり、シキが住む夢の国・グランベルにたどり着いた人気・動画配信者を目指すレベッカと頼れる相棒・青猫のハッピーが、グランベルの機械たちと撮影を楽しむ姿などを見ることができる。シキが、レベッカに「俺と…“友達”になってくれ!」と鬼気迫る表情で懇願するシーンなど、原作を忠実に再現している。

 2018年6月より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の同作は、夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキが、100年ぶりの来国者となる動画配信者の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会い、惑星を超えて旅に出るSFファンタジー。

 真島氏は1998年に『MAGICIAN』で第60回週刊少年マガジン新人漫画賞入選を受賞し、『マガジンFRESH』より『BAD BOYS SONG』でデビュー。99年に『週刊少年マガジン』で『RAVE』の連載をスタートさせ注目を浴び、05年の完結後、『FAIRY TAIL』(06年〜17年)などの作品を世に送り出した。『RAVE』『FAIRY TAIL』はテレビアニメ化されている。