オリエンタルラジオ・中田敦彦、藤森慎吾

写真拡大

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオがユーチューブで、お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建について言及した。

 オリエンタルラジオは10日、ユーチューブチャンネルに「オリラジが尊敬する吉本の先輩芸人とは?」という動画をアップ。その中で、吉本興業の先輩芸人について語っていったが、話の流れがコラボしたい芸人に移ると、藤森慎吾が「渡部さん呼びますか? あっちゃんだったら単純にあるのかなと思うけど」と他事務所の渡部の名前を出した。

 これに対し、中田は渡部の不倫騒動に触れつつ、「あの会見があった上で、その上で復帰もできないってなった時の絶望的な感じっていうのかな。有名人が仕事奪われることの恐怖ってえげつないじゃん、実は」と、日本で再就職もできない現状を含め、渡部に対し同情。「相当なことを課してるわけじゃん」と話した。

 また、中田は「復帰はさせるべきだと思う、世間が」と強く語り、「じゃないと、何のために法律と裁判所と刑務所ってあるのか分かんないじゃん」「更生して復帰させるためにあるんじゃないの、ルールがって思った時に、引きずり回してボコボコにしてその上で復帰させないで閉じ込めるってなんかやだなって思うから」と指摘。「余計なお世話っていうパターンもある」とした上で、「もし必要であれば行きたい(コラボ)よね」と前向きな姿勢を見せた。

 ​>>吉本を退所、3月にシンガポール移住予定のオリラジ中田 自伝からも垣間見える計算高さ<<​​​

 中田は自身の言動に対し、「優しい人間もいていいじゃない」と話していたが、この動画にファンからも、「渡部さんが書いたコントでコラボしてほしい!」「リンチ会見して復帰できないマスコミはおかしいって思ってた」「才能あるんだから、渡部は切り替えて活動をユーチューブにした方がいいかもしれない」というコラボを望む声が多く寄せられている。

 昨年大晦日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)でテレビ復帰を果たす予定だったものの、結局カットされ、いまだ復帰の目途が立たない渡部。吉本興業を退社した2人が救いの手となるだろうか――。記事内の引用について
オリエンタルラジオ公式ユーチューブチャンネルより
https://www.YouTube.com/channel/UCEJ9hPjmge0UxpD9QA11MwQ?pbjreload=102