江頭2:50

写真拡大

 江頭2:50が11日、自身のYouTubeチャンネル『エガちゃんねる EGA-CHANNEL』を更新。その内容に、ファンからは批判や不満の声が寄せられている。

 江頭は、人気ユーチューバーグループの「フィッシャーズ」とコラボし、「最悪で悲しいお知らせ…」のタイトルで動画を更新。江頭とフィッシャーズのメンバーの2021年の運勢をゲッターズ飯田に占ってもらい、それをランキング形式で発表していくという内容で、江頭は「これまでのキャラクターが通用しなくなる年」などと占われ、最下位となった。

 動画の中で、江頭は最下位だったことにショックを受けつつも、「ふざけんじゃねぇ!」と叫んでいつもの江頭らしさを見せていた。そして、動画の最後はフィッシャーズのメンバーと会えたことを「最高だった」と振り返り、2021年も「頑張るぞ!」と意気込んでみせた。

 しかし、この動画が公開されるや否や、ファンからは「エガちゃんの動画でこんなに最初からワクワクしないの初めて。ほんと残念」「大衆受けを考えて他の人と同じ事をしないで」と企画のぬるさを指摘するような声のほか、「視聴者層を広げたいんだろうけど、あんまりガッカリさせないで」「江頭を見に来てるのであってYouTuberを見に来てるんじゃない…。最初の頃のエガちゃんねるはどこいったの?」など、コラボに対する疑問の声も挙がっていた。

 ​>>女性問題暴露された人気ユーチューバー、引退ではなく裏方へ 「永久追放すると思ってた」厳しい声も<<​​​

 また、タイトルに対する動画の内容が釣り合っていないと感じた人も多く、「釣りのサムネが大嫌い。そこら辺のくだらないYouTuberと同じようなことはしてほしくない」「正直これはタイトル詐欺と言われてもおかしくないかな」という厳しい意見も見受けられた。

 「最近の江頭さんは、爆買い企画やメイク動画など、ほかのユーチューバーがやるような企画をねじ込み、一部のファンからは失望の声が挙がっていました。確かに、こういった動画はファン以外も見る可能性があるので再生回数が稼げるのですが、ファンは『江頭らしくない』『登録者数を増やそうとして自分を見失っている』などと嘆いていましたね。ファンらは過去に江頭がアップした、風船を股間のところで膨らませたり、お尻に筆をさして字を書くような広告がつかないような破天荒な動画が好きだったようですね。そういった動画が少なくなる代わりに、登録者数を増やそうとしている姿を残念に思っているようです」(芸能ライター)

 江頭はYouTubeを始める前にフィッシャーズの動画に出演したことがあり、その縁もあってのコラボと思われるが、それをよく思わなかったファンもいたようだ。

 動画には12日現在、約9000件の高評価に対し、約1万1000件の低評価がついており、それを受けてか『エガちゃんねる EGA-CHANNEL』はコメント欄に「今後はより一層、応援してくださっている皆様が楽しんで頂けるよう邁進致します!」と追記している。ファンの声は少なくとも江頭側には届いているようだ。記事内の引用について
エガちゃんねる EGA-CHANNEL のYouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCL6JY2DXJNDOIqCP1CRADng