御嶽海に敗れ、土俵を降りる朝乃山(左)

写真拡大

 大相撲初場所3日目(12日、東京・両国国技館)、カド番の大関朝乃山(26=高砂)は小結御嶽海(28=出羽海)に屈して2敗目。立ち合いから一気に攻め込まれて押し出され「(立ち合いは)いつも通りだと思うけど、上体が起きたことが原因で相手の相撲になったと思う」と振り返った。

 昨年9月の秋場所では初日から3連敗後に10連勝と調子を取り戻した大関だが「自分の相撲は前に出る相撲。今日みたいな相撲は明日につながらない」と反省。3日目を終えて「今のところはあんまり良くないけど、気持ちを引き締めて頑張りたい」と前を向いた。