貴景勝(奥)に強烈な張り手を浴びた北勝富士

写真拡大

 大相撲初場所3日目(12日、東京・両国国技館)、幕内北勝富士(28=八角)が大関貴景勝(24=常盤山)を激しい相撲の末、突き落としで破って今場所初白星を挙げた。

 埼玉栄高の後輩を立ち合いから激しい突き押しで攻めながらも、相手の押しで一時は土俵際に詰まった。そこから体勢を立て直し、強烈な張り手を浴びてもひるまずに攻め切った。鼻からのおびただしい流血が激戦を物語っていた。

 取組後は冷静な表情で「がむしゃらに、負けたくないという意地があった。勝ててよかった。我慢、我慢という気持ちで、自分にチャンスが絶対に来ると思って、それを逃さずにいけてよかった」。2連敗スタートを補って余りある内容と結果とあって「辛抱してつかんだ大事な白星なので、つなげていきたい」と気を引き締めた。