※金子貴俊オフィシャルブログより

写真拡大

俳優の金子貴俊が10日に自身のアメブロを更新。家族で書道をした日の妻の行動にドキドキしたというエピソードをつづった。

この日、金子は「宿題の『書初め』を仕上げる!家族で書道タイム!!」と述べ、家族で書道をしたことを報告。「書道5段」を持っている妻が先生になったそうで、「わたしも挑戦!!」と自身も書道に挑戦したことを明かした。

続けて「下手くそだけど、心穏やかに素敵な時間」と述べ、「なんてったって、映画『ゴースト』の陶芸シーンの様に後ろから妻が手を取っての指導」と説明。背後から金子の筆をとり、指導している様子の写真を公開し「わたし、ドキドキしちゃったよ ずーっとこの時間が続けばいいのに なんて惚気ながらの至福の時間!」と嬉しそうに述べ、妻が子ども達にも熱血指導をしていたことを明かした。

また「娘は途中からお絵かきタイム」に突入したそうで「味わいあっていいですねー めっちゃ可愛いキャラクターが生まれました」と娘が描いた絵を公開。「親バカですが、センスいいんじゃないかなー」と絶賛し、その後も絵を描き続けたという娘に対し「超味わいあるんですけど 楽しい時間を過ごせました」とつづった。

最後に、自身が完成させた作品を公開し「素人感バリバリですが、自分的には気に入っている」とコメント。「家族で書道。いい時間の過ごし方ですね」と述べ、「墨の香り、筆の動きを感じながら字を書くのは特別な満足感があります。無事に息子の宿題も終わり充実した時間を過ごせました」と大満足の様子をつづり、ブログを締めくくった。