10日、ABEMAにて極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱が司会を務める『極楽とんぼのタイムリミット』#21 が放送。ピーク時に約4億の借金を抱えたYouTuber・てんちむが、それでも預金残高を常に1000万円以上キープしていると明かした。

▶︎動画:約4億の借金を抱えるてんちむ、預金残高をポロリ「1000万円は残すようにしてます」

 炎上騒動を知らない加藤のために、てんちむは「『豊胸していません』と公言して(バストアップ効果を期待できる)ナイトブラをプロデュースしていたんですけど、実は6年前に手術をしていたんです」と説明。「当時一番の親友がリークした」「『やっぱブラ稼げるわ』っていう、調子に乗ったLINEの内容も晒され、ファンの方や購入してくれた人が嫌な思いをした」と振り返り、その償いとして、ナイトブラ代、メーカー手数料の約4億円を返済中と語った。

 現在、2億2千万円は返済し、残りの借金は約1億8000万円とのこと。キャッシュがすぐに用意できないため、YouTubeと銀座のホステス、バーレスク東京という3足のわらじを履いていると明かした。加藤から「預金ゼロ?」と聞かれ、てんちむは「生活できるちょっとくらい」と預金額を明かした。

 しかし、この短いやりとりで、加藤は「絶対、嘘つかないようにしてるね?」とてんちむの姿勢に気付いた様子。てんちむは「YouTubeの撮影の費用もあるので、1000万円は残すようにしてます」と正直に明かした。

 てんちむは返済期間について「私的には、半年くらいで」と目標を発表。加藤らが「半年!?」と驚くと、てんちむは「働いて、働く。メーカーさんにも返金を待たせていて、申し訳ない」と強い決意をにじませた。てんちむは「私からメーカーさんに『返金したいです』と申し出た。手間をかけてしまうわけで、メーカーさんに30%払うのは納得しています」と堂々と答えた。

 加藤から「逃げたかったでしょう」と聞かれたてんちむは、「逃げたら全部終わると思いました。この道で活動したかったら、償うべきだと思う」「ちゃんと行動に移して見せることが大事」とキッパリ。加藤は「強いね。すごいわ」とてんちむの根性に脱帽していた。