坂上忍

写真拡大

 12月21日放送の情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)でMCの坂上忍が、共演者に声を荒らげる場面があり注目を集めている。

 この日番組では、お菓子の芸術家が特集され、職人の作った坂上そっくりのチョコレート人形がスタジオで披露された。久慈暁子アナウンサーが「野々村さん、食べられますよ?」と振ると、コメンテーターの野々村真がおもむろに立ち上がり、坂上のチョコ人形に接近。坂上が「何やってんだよ!! ダメだよ!」と大声で制止したが、野々村はお構いなしに本当に頭からかぶりついたのだった。

 スタジオは静まり返り、ガッツリと歯型のついたチョコ人形の頭部が画面に映し出された。これに坂上は「これ放送事故でしょ、もう…。あなたいくつ? 僕、本当にムカついた時って一言もしゃべらなくなるタイプ」と、険しい表情で野々村をにらみつけ、異様な空気に。だが、2人は十数年来の友人。野々村の扱いに慣れている坂上は、その後、文句を言いながらも笑みを見せていた。

 そんな坂上には過去、マジギレして以後30年以上共演NGになった女優がいる。

 坂上は2019年に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、工藤夕貴と共演。その際、過去に舞台『タッチ』で共演した工藤が、どうしても許せなかったと明かした。

 坂上によると当時、16歳だった工藤が、舞台の公演後に坂上の楽屋に現れ、突然「あそこの芝居、こうやってください!」とだけ言って、去っていったそう。当時を振り返り坂上は「(当時は)僕、20歳でも芸歴17年で。それがですね、昨日今日デビューして、いくら芝居がうまいか知らねぇけど、俺の楽屋に来て、ダメ出しして、そのまま去っていくって、テメェ、どういう育ち方してんだ!?」と、怒りをぶちまけた。

 >>【有名人マジギレ事件簿】「うるさいんだよ!」娯楽とんぼ・山本が演出家に激怒!<<

 だが当時、共演者として険悪な関係になるのはよくないと思ったそうで、今度は坂上から工藤の楽屋を訪ね、「あそこの場面、こうやってみたらどう?」とアドバイスしに行ったという。しかし工藤は「あ、でもそれをやっちゃうとこうなっちゃうんで、そうじゃない方がいいと思います」と突っぱねたとのこと。その言葉にトドメを刺された坂上は「あぁー、自分の言いたいことは言うけど、こっちの意見は聞かないんですねー!」と実感し、以降の仕事では、彼女を共演NGにしたという。 とはいえ、バラエティ番組で、32年ぶりに工藤と再会した坂上。仕事で共演できるくらいには、雪解けしたようだ。