ソウル市内に設置された検査所のスタッフ=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】大韓医師協会の崔大集(チェ・デジプ)会長は23日に行った記者会見で、新型コロナウイルス感染の「第3波」に見舞われている韓国医療界の現状について、「医療スタッフは疲労がたまり、病床の確保は難しく、重症患者の治療や救急医療システムは崩壊が目前」と述べ、「国家医療危機宣言」を発表した。

 また新型コロナの治療を過度に優先すれば、ほかの患者の生命が脅かされる可能性があると指摘した。

 その上で崔氏は「国家の医療危機を克服するための『国家緊急医療委員会』を構成し、早急に総合的な対策を策定するべき」と訴え、「医療専門家が含まれた官民合同体制を発足させなければならない」と強調した。 

 崔氏は「政府、医療界、国民が協力して危機を克服しなければならない」とし、「今後も緊張を緩めないでほしい」と呼び掛けた。