紛争下のイエメンで結合双生児が深刻な容体 海外での治療必要

ざっくり言うと

  • 内戦下のイエメンで、16日に生まれた結合双生児が深刻な容体となっている
  • 胸部が結合した状態で、片方の子の心臓の位置が正常でないという
  • 海外での治療が必要で、地元の保健当局が国際組織に支援を求めているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x