フランスに帰化申請をした男性「働きすぎ」を理由に却下される

ざっくり言うと

  • 2018年、フランスに帰化を申請したアルジェリア人の36歳の男性
  • 「働きすぎ」を理由に政府から申請を却下されたと、現地メディアが報じた
  • 1週間の法定労働時間48時間を超える57時間勤務が問題視されたようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x