池袋事故、弁護側が車の不具合主張 遺族が涙の訴え「悔しいし、苦しい」

ざっくり言うと

  • 東京・池袋で車が暴走した事故で罪に問われた被告の公判が14日、開かれた
  • 弁護側は「減速時におかしなことが起こり始めた」と車の不具合を主張
  • 遺族は被告の態度などに「悔しいし、苦しい」とし、涙を見せる場面もあった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x