「第44回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝した、山崎玲奈(やまさき れな、13歳)さん

写真拡大 (全10枚)

綾瀬はるか、深田恭子、石原さとみ、小島瑠璃子らを輩出したオーディション「ホリプロタレントスカウトキャラバン」の決戦大会が12日、都内で行われ、千葉県在住の中学2年生・山崎玲奈(やまさき れな、13歳)さんが優勝した。

ホリプロ60周年記念企画として行われた今大会。そこでは「ミュージカル次世代スターオーディション」と題され、ダンス、演技、歌の最終審査が行われた。

▼ 優勝した、山崎玲奈(やまさき れな、13歳)さん

ミュージカルで活躍できる逸材を探した大会。ハッキリと絞り込んだ目的があったことで「ラッキーだと思いました」と感想をもらした山崎さん。「ミュージカルは見るのも、演じるのも大好きだからです。この大会を知ったときには、絶対に受けたいと思いました」と内心も明かした。

ミュージカル俳優になりたいと思ったキッカケがあったそうで「私は愛媛県出身で、小っちゃい頃からミュージカルスクールに通っていて、小学年4年生のときに、市民ミュージカルのオーディションにたまたま受かって、稽古をしているうちに、凄く楽しいと感じることがありました。そこから私、これを職業にしたいと思うようになりました」と話した。

舞台で行うミュージカルの魅力を尋ねると「目の前のいらっしゃるお客さまをダンスや歌で魅了できるところ」と答え「自分でやっていて楽しいし、見ていると楽しくなる。そこが魅力だと思います」とポイントを説明した。

普段の様子について質問が飛ぶと「好きな食べ物は、イチゴと白いごはんです。嫌いな食べ物は、たくさんあります」とお茶目に話し、笑わせた。

優勝者には100万円も贈られる。使い道は「考えていなかったのですが…」と悩み「まず…、ディズニーの年間パスポート。残りは貯金ですね」と答え、ここでも笑っていた。

▼ 写真は、『17Live賞』に選ばれた佐竹桃華(さたけ ももか、17歳)さん

決戦大会には女性9人、男性1人の計10人がファイナリストとして出場。応募総数・1万9115人の中から山崎さんが優勝し、『17Live賞』には、京都府出身の高校3年生・佐竹桃華(さたけ ももか、17歳)さんが受賞した。

※山崎玲奈さんの「崎」の正式表記はたつさき

今大会におけるスペシャルアンバサダーは市村正親。審査員には、演出家の宮本亞門氏、作家・演出家の鴻上尚史氏。司会は、登坂淳一、唯月ふうかが務めていた。