今年、大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)。メガバンクを舞台とする同作では、7年前の第1シリーズに続き、主人公の半沢(堺雅人)に対し、香川照之演じる銀行役員の大和田が敵役として登場した。ただ、今回は2人が手を組むことも目立った。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)


『半沢直樹』では大和田役を演じた香川照之 ©文藝春秋

 頭取(北大路欣也)から、過去に銀行が大物政治家(柄本明)に行なった不正融資について真相を探るよう命じられた2人は、渋々ながら行動を共にする。だが、最終回前の第9話では、大和田と頭取がひそかに政治家と取引をしているところに、半沢が遭遇してしまう。思わぬ裏切りで崖っぷちに立たされた半沢だが、それでも正義を貫くべく、政治家に向かって「あなたの悪事はきっちりと暴かせていただく!」と宣言してみせた。

半沢への共感から出た大和田の“涙”

 ドラマを見ていた方は覚えているだろうか。半沢が政治家相手に大見得を切ったとき、大和田が涙を流していたことを。結局、最終回では、政治家との取引は、じつは頭取と大和田が相手を油断させるために

『半沢直樹』では、出演陣の芝居がかった演技が話題を呼び、そこで彼らが顔を突き合わせて繰り広げるバトルは「顔相撲」とも称された。香川の演技はその筆頭であった。だが、あの涙は、芝居っ気なく、ごく自然に出たものに見えた。筆者は顔相撲よりも、むしろそこに役者・香川照之の真骨頂を感じた。

 きょう12月7日は、香川の55歳の誕生日である。意外と言うべきか、彼はある時期から役づくりをしなくなったという。昨年、出演した映画『七つの会議』公開に際してのインタビューでは、次のように語っていた。

《僕は常に、監督が求めるものを演じているだけです。10年ぐらい前までは、役作りのようなものをやっていた記憶もあることはあるんですが、今は、せいぜい自分の人生と重なり合う部分をその場で引っ張り出している程度です。表現というより反射というべきか……。やっていることは、スポーツに近い気がします》(※1)

『半沢直樹』では、印象深い「お・し・ま・いDEATH」のセリフなどアドリブも多かったというが、それもほかの俳優とやりとりするうちに「反射的」に出たものなのだろう。

俳優になった理由は「ネクタイをせず、満員電車に乗らなくて済む」

 昨年には、『半沢直樹』と同じくメガバンクを舞台にしたドラマ『集団左遷!!』に出演し、主演の福山雅治扮する銀行支店長・片岡のもとで副支店長を務める真山という男を演じた

 一見すると、『半沢直樹』の大和田とは対極的な役に思える。しかし演じる香川としては、大和田と真山はコインの裏表にすぎないのかもしれない。別に演じ分けているつもりはなく、それぞれの置かれた立場や状況に応じて自然に振る舞っているうちに、敵役にもなるし、味方にもなるということなのではないか。

 いまでは演技派として周知される香川だが、そもそも俳優になった理由は、「ネクタイをせず、満員電車に乗らなくて済む楽そうな職業」だからという消極的なものだった(※2)。

 デビュー作は、1989年、23歳で出演したNHKの大河ドラマ『春日局』だ。いまそれを見ると、セリフ回しもまだ拙く、いかにも腰が据わっていない様子が見てとれる。ただ、それがかえって、このとき演じた小早川秀秋の役には合っていたようにも思える。

 俳優として大きな転機となったのは、デビュー10年目の1998年、姜文監督・主演による中国映画『鬼が来た!』(公開は2000年)に出演したことだった。

「自分が誰よりつらい状況になることを望む」

 戦時中の日本兵捕虜を演じた同作では、これまでの自分のやり方をすべて否定され、強制的に自分を変えさせられ、大きな衝撃を受けたという。そのなかで香川は《「映画とは何か」「俳優は何をすべきか」について、身をもって徹底的に教えられ》、次のような結論にいたる(※3)。

《俳優とは、誰よりも率先して辛いことをやり、その姿を見せることでみんなに笑ってもらったり泣いてもらったりするのが仕事であり、それは「芝居をする」ということとはまったく違う。本当に必要なのか、痛いのか、損にはならないのか、もしかしたら二度手間ではないか……、そんなことは、一切考えてはいけない。自分が誰よりつらい状況になることを、自ら望むのが俳優である》

 以来、彼は、映画『剱岳 点の記』(2009年)では実際に真冬の山に登り、日々天候に左右されながらの撮影に耐えたり(監督の木村大作からは撮影中、「これは映画ではない。行です」と言われたという)、ドラマ『坂の上の雲』(2009〜11年)では死ぬ間際の正岡子規を演じるために、17キロの減量に挑んだりと、自ら進んでつらさを求めてきた。

 そんな香川の演技に対する姿勢はやはり、役づくりとは似て非なるものだろう。それは次の発言からもうかがえる。

《僕にとっていい役者というのは、「今、命を捨てる覚悟がある」という言葉がわかるかどうかです。役のために魂を売るということではなく、その一瞬一瞬に真剣になれるかどうか。これは役者というより人間としての問題かもしれませんが、なぜここに立っているのか、なぜ役者をやっているのか、そういういろんな問いにちゃんと真剣な答えがあり、そこからリアルな感情がボンッと出てくるような人が、いい俳優であり、いい人間であるような気がします》(※4)

『半沢直樹』で大和田が見せた涙も、その場面に真剣に向き合った末の、リアルな感情の発露であったに違いない。

 2011年には46歳にして、父親である歌舞伎俳優・三代目市川猿之助(現・二代目猿翁)の芸を継ぐと決意し、自らは九代目市川中車、当時7歳だった息子は五代目市川團子を襲名して世間を驚かせた。

 幼くして両親が離婚し、母親(女優の浜木綿子)に引き取られて育った香川は、子供を儲けたのを機に、歌舞伎俳優の子として生まれた使命について考えるようになったという。襲名後に上梓した著書『市川中車 46歳の新参者』では、そこにいたるまでの葛藤、そして歌舞伎の世界に入る覚悟が克明に語られている。

俳優、歌舞伎役者に加えて昆虫マニアの一面も…

 俳優として活躍する一方で、Eテレの冠番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』(2016年〜)などを通じて、いまや大の昆虫マニアとしてもおなじみだ。

 小さいころから昆虫を観察するのが好きで、昆虫の生態を見ているうちに1日が終わるほどだったとか。俳優になってからも、人前で表現することには興味がなく、むしろ表現している人をじっと隅から観察しているほうが性分に合っていると、著書に書いてはばからなかった(※5)。

 その後、俳優としても人間としても経験を積み、再び昆虫に向き合って、そこに何を見ているのか? 彼はこんなふうに語っている。

《大人になって、悲しい経験、楽しい経験、苦しい経験をたくさん経て、その上で昆虫観察という趣味に戻ったとき、今度は自分の人生を、昆虫を通してフィードバックできるようになって、あぁこれは、人生にとってこういう意味があったんだな、とかね。それは本当に素晴らしいことだと思いますよ》(※6)

 昆虫から人生の意味を教えられ、それがまた俳優の仕事にフィードバックされていくこともあるのだろうか。

 今後も出演作があいつぎ、この年末に放送されるスペシャルドラマ『当確師』(テレビ朝日系)では主演を務め、さらに来年10月からは、『半沢直樹』と同じくTBSの日曜劇場で放送予定の『日本沈没―希望のひと―』

 後者はこれまでにも小林桂樹や豊川悦司などによって演じられてきた役だが、観察者気質を持つ彼がやればまた違ったものになることだろう。いまから見るのが楽しみだ。

※1 『週刊朝日』2019年2月8日号
※2 香川照之『市川中車 46歳の新参者』(講談社、2013年)
※3 『文藝春秋』2011年1月号
※4 『婦人公論』2012年9月22日号
※5 香川照之『日本魅録』(キネマ旬報社、2006年)
※6 『an・an』2018年7月18日号

(近藤 正高)