救命救急センターでコロナ対応のため傷病患者向けの病棟閉鎖 大阪で続出

ざっくり言うと

  • 命に関わる重症患者を受け入れる3次救急を担う大阪府内の救命救急センター
  • ほかの傷病患者向けの病棟を閉鎖する動きが続出している
  • 病床やスタッフを新型コロナウイルス対応に振り替えるためだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x