米宇宙軍と提携のAevum、衛星打上げ用無人ドローン「Ravn X」公開
Aevum

米アラバマ州を本拠地とする航空宇宙ベンチャーAevumが、人工衛星を低軌道へ投入するための無人機「Ravn X」を発表しました。

幅約18m、高さ約5.5m、重量約25tという巨大かつ未来的デザインの機体は、無人機(Unmanned Aircraft System:UAS)として世界最大で、Aevumによるとペイロードを約3時間で低軌道へ運ぶことができ、ほとんどすべての空港の滑走路から離着陸できるため、数年から数か月かかる衛星打ち上げのリードタイムを大幅に短縮できます。

Ravn Xは2段ロケット式のペイロード機体下面に搭載し、必要な高度まで上昇、リリースします。切り離されたロケットは0.5秒ほどで点火して、軌道へペイロードを送り込みます。そしてRavn Xは自動的に飛行場へと戻り、格納庫に収まります。Aevumはこの方式なら当初は衛星打ち上げ用ロケットの70%、最終的には95%が再利用可能になると述べています。