苦しい状況に追い込まれる中、貨物に活路を見出している(AFP=時事)

写真拡大

 羽田空港第3ターミナル(国際線)でレストランや土産物店が並ぶエリア「江戸小路」は、昼食時にもかかわらず人影もまばらでひっそりしていた。「休業」の張り紙を掲示して閉ざしている店も少なくない。

 新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)で人の移動が制限されるなかで、航空業界も大打撃を受けている。特に国際線は、各国の厳しい出入規制で旅客数が激減し、未曾有の危機となっている。

 10月30日にJAL(日本航空)は第2四半期連結業績を発表しているが、国際線の旅客数は前年対比で97.7%もの減となり、国際線旅客収入も前年比96.6%減の91億円でしかなかった。ANA(全日本空輸)も10月27日に発表しているが、旅客数は96.3%減、旅客収入も94.2%減の196億円となっている。こうした危機的状況は各国の航空会社も同じであり、だからこそ空港も人がいない状態となっているのだ。

「世界の航空業界でも旅客数が95%以上も減少していると言われているし、当社の国際便はほぼ黒字できていたので、かなり厳しい状況にあるのは確かです。しかし、旅客が95%以上減っているからといって、飛んでいる飛行機の数も95%減になっているわけではありません」

 そう語るのは、ANAの企画室ネットワーク部事業計画チームの山本岳マネジャーだ。

 新型コロナ前に策定したANAの旅客便事業計画では、11月には約5400便の国際旅客便が運行されることになっていた。それが実績では、1850便となっている。旅客数は9割以上も減っているが、飛ばなかった飛行機の数は7割弱となっているのだ。それも、大赤字で飛んでいたわけでもない。

「旅客は乗せないけれど、貨物だけ積んで運行している旅客機が多くなっているからです」と、山本マネジャー。

 実際、11月に運行された1850便のうち1030便が貨物だけで飛んでいて、旅客を乗せて飛んだ820便を上回っている。ANAの資料から、この旅客便を使用しながら貨物だけで運行する「NoPax貨物便」が月を追うごとに増えてきていることが分かる。

「新型コロナの影響で船便にも支障が出ているので、航空貨物の需要が伸びてきています。大きい飛行機なら貨物室に30トンくらいは積めるし、運賃も上がってきているので、赤字にならず収入が得られる状態で飛べています。苦しい状況のなかで、好転するのを座して待つわけにはいかず、やれるところを精一杯やっています」(同前)

 マスクの供給が逼迫しているときには、座席にマスクの荷物をくくりつけて運ぶこともANAは他社に先駆けてやっている。ただし座席を外して荷物室に改造して飛ばすには認可の問題があって難しく、人の出入りだけを想定している客室のドアでは運び込める荷物の形状も制限される。そのため、現在は客室はカラで、下の貨物室だけ満杯にして飛んでいる便が増えているのだ。

 このまま荷物だけで運行する便を増やしていくのかと訊ねると、山本マネジャーは「そんなことはありません」と即座に答えて続けた。

「お客様に搭乗していただくほうが収入的にもずっといいんです。いまは貨物だけで飛んでいる便も、新型コロナの感染拡大が落ち着いてお客様が戻ってくれば、交代で一時帰休や地上訓練、さらには他社へ出向しているCA(キャビンアテンダント)を呼び戻して乗せれば旅客便として運行できます。それには飛べる体制を維持しておくことが必要で、貨物だけであっても飛び続けることが大事だと考えています」

 ANAだけでなく、同じ努力を他の航空会社も続けている。この未曾有の危機を航空業界が乗り切り、空港に人が戻ってくる日はいつになるのだろうか。