1月19日、メーガン妃の不義理にエリザベス女王は初めて公の場で怒りをあらわにした(写真/AFP=時事)

写真拡大

 今年3月、英王室を離脱したヘンリー王子(36才)と妻のメーガン妃(39才)が、再び世間を騒がせている。

【写真】肩は素肌に細いストラップのみのワンピ姿のメーガン妃

 メーガン妃は11月25日付の『ニューヨーク・タイムズ』に寄稿し、7月に流産していたと告白した。《流産を口にするというタブーをよく破った》と勇気を讃える声がある一方で、《“プライバシーを守りたい”と英王室を出たのに、なんで自分からプライバシーを公表するの?》と批判も広がっている。そんなメーガン妃を英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんは「自己プロデュースが天才的」と評する。

「先の米大統領選挙では、バイデン氏への熱い応援スピーチで力強い女性を前面に出し、今度は『私も流産を悲しむ母親のひとり』だと悲劇のヒロインの顔を覗かせています。メーガン妃の人間味が増して、世間は親しみやすさを覚えるでしょう。女性人気は上がるのではないでしょうか」

 この寄稿を英王室は事前に知らされていたというが、

「ヘンリー王子とメーガン妃は、エリザベス女王(94才)の深い同情の気持ちを示す言葉を期待していたのでしょうが、特にコメントはありません」(多賀さん)

 英王室が“スルー”するのも無理はない。エリザベス女王に「王室離脱」を伝えないままカナダに飛んだ不義理に始まり、義姉のキャサリン妃(38才)とはたびたび衝突を繰り返してきた。さらに追い討ちをかけたのが、8月に出版されたヘンリー王子とメーガン妃の出会いから王室離脱までを描いた回顧録『自由を探して』だ。

「夫妻に近しい人物が著者で、簡単にいえば英王室に関する暴露本。英王室が悪者で、メーガン妃はかわいそうな被害者として描かれています。“王族は不満を言わないもの”とするエリザベス女王に準ずる英王室は、歯がゆい思いでしょう。もうメーガン妃にはかかわりたくないと思っていても不思議ではありません」(王室ジャーナリスト)

 王族が結婚相手に振り回されてしまうのは、どの国も同じか。

※女性セブン2020年12月17日号