ボビー・オロゴン被告の「本当は日本語ペラペラ説」初公判で決着

ざっくり言うと

  • 妻への暴行罪に問われたボビー・オロゴン被告について、東スポが報じた
  • 3日の初公判に出廷し、細かい部分は通訳をつけてやりとりしていたという
  • 同被告を巡っては「日本語堪能説」が囁かれていたが、都市伝説だったようだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x