NTTドコモが12月3日(2020年)、来年3月提供開始の新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。データ通信料20GB(ギガバイト)で月額2980円という。これには街の人々も「安い! 浮いたお金で1回飲みに行ける」「この値段なら乗り換えてもいい」など大歓迎で、NTTドコモの井伊基之社長も「他社には勝てる価格」と自信の新プランだ。

現在auブランドを擁するKDDIはサブブランド「UQモバイル」で20GB3980円、ソフトバンクはサブブランド「Y!モバイル」で4480円。社長の言う通り、ライバル他社より相当安い価格設定だ。同じドコモの小容量プラン(7GB)の6150円より安いが、これら既存プランも今月中に値下げプランを発表する見込みだ。

1回5分以内の国内通話無料、5G対応のメリットも

しかも、ただ安いだけではない。「アハモ」は、1回5分以内の国内通話無料、5G対応、2年縛りなどの手数料なし。注意点をあげると、受付サポートはオンラインのみ、キャリアメールなし、家族割引セット割引なしであることくらい。

ITジャーナリストの三上洋氏も「携帯料金の常識を覆す攻撃的プラン。政府の意向を超えてきた。これには他社も値下げせざるを得ない。ドコモ既存プランの新料金発表を待って検討するのではないか」とビックリの新価格だ。

作家の吉永みち子は「こういうふうに安くできるなら、政府に言われる前にやってほしかった」とチクリ。

しかし、羽鳥慎一キャスターに「データ通信量の平均は5GBちょっとなんです。斎藤ちはるアナはインスタを見まくるそうなので20GBでも足りないそうです。吉永さん、自分が何GB使ってるかわかりますか?」と聞かれて、吉永は「?」。

スポーツキャスターの長嶋一茂は「今は携帯が日本人1人1台以上の1億5000万台普及している。普及すれば安くなるのは世の常ですよ」とコメント。

テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「ドコモが、というところがミソですね。親会社のNTTは株の3割を国が持っている。政治が値下げを主導するためにNTTを使うのかということを感じますね。他社も追随せざるを得ないでしょう。資本主義の目的は利益の極大化にあるのに、まるで中国を見ているようで引っ掛かります」と疑問を投げかけた。

それでも羽鳥キャスターは「ここまでやるんだとビックリしました」と驚きを隠さなかった。