不倫発覚後「やり直せる夫婦」と「離婚する夫婦」の違い5選

写真拡大

不倫が発覚したあと、夫婦関係を続けるのか、離婚するのか、選択を迫られます。夫婦関係を続ける夫婦と離婚する夫婦では、どういった違いがあるのでしょうか? 今回は、両者にどのような違いがあるのかを解説していきます。

目次

不倫発覚後「やり直せる夫婦」と「離婚する夫婦」の違い1 一度の裏切りを許せるか

不倫をしてもいい、という条件で結婚した夫婦もいるでしょうが、ごく少数派でしょう。ほとんどの夫婦は、結婚する=配偶者としかセックスしないし恋愛しない、という契約を結んだと認識しているはずです。
つまり、不倫は契約に対する裏切りになるわけです。この裏切りを許せる人は、婚姻関係を継続できます。ありえない裏切りで許せないと考える人は離婚します。

不倫発覚後「やり直せる夫婦」と「離婚する夫婦」の違い2 恋愛感情・独占欲があるか

恋愛感情や独占欲がある場合、不倫はより許せない行為だと思うでしょう。そして、離婚を考えることになるでしょう。
しかし、もう家族ではあるけれど恋人のようには思っていない、という場合、不倫はムカつくけど、まあ、家族を解散するほどのことではない、と考えがちです。故に、恋愛感情や独占欲が残っている夫婦ほど離婚しやすい傾向にあります。

不倫発覚後「やり直せる夫婦」と「離婚する夫婦」の違い3 経済力があるか

共働き夫婦が増えたとはいえ、まだまだ配偶者の収入をメインにしている人は少なくありません。離婚したら圧倒的に経済力が低くなると考え、離婚を踏みとどまる人もいます。日本は、シングルマザーのふたりにひとりは貧困ライン以下の収入しか得られない、という現実があるため、経済面を考えて、不倫を許すしかない、という人も少なくありません。

不倫発覚後「やり直せる夫婦」と「離婚する夫婦」の違い4 子どもがいるか

子どもがいるか否かで離婚のハードルはぐっとあがります。子どもがいないし、お互い自立しているとなれば、離婚は難しくはないため、「不倫したね? じゃあ、離婚しましょう」と判断が下せるケースもありますが、子どもがいれば、子供のために離婚できない場合もあります。
実際に子どものことを考えて離婚しないケースもあれば、ほんとうは自分が離婚したくないのに「子供のために」を言い訳にして、離婚という生活の変化を避ける人もいます。

不倫発覚後「やり直せる夫婦」と「離婚する夫婦」の違い5 相手をもう一度信じられるか

不倫後、不倫をした配偶者が反省し、もう二度としないと誓った場合で、かつ、もう一度相手を信じてみよう、と決意した場合、夫婦関係をやり直す人もいます。一方、相手が何を言っても、これまでの言動からふたたび信じることはできないと感じた場合、離婚することになります。

婚姻継続にメリットがあるか、が肝。「やり直せてよかったね」ではない

つまり、婚姻継続になんらかのメリット(愛情、平穏な家庭、経済力)があるか、離婚に大きなデメリットがある場合、婚姻継続を選ぶ人が多いということです。
それゆえ、「離婚しなくてよかったね」と一概には言えません。経済面などの問題から、悔し涙を押し殺して婚姻継続する人もいます。
「離婚できない」状態は苦しさを生みます。「いつでも離婚できるけれど、それでも一緒にいたいから夫婦でいる」という状態が望ましい、しかしその理念の実現は困難だ、と言えるでしょう。
(今来 今/ライター)