ところが、「富岳」のシミュレーションでも分かるように、布マスクやウレタンマスクでは飛沫を防ぐ効果が薄く、最も感染防止に効果があるのは「不織布マスク」であることがわかっています。かつては30枚で5000円みたいなベラボウな金額で売られていたこともあった不織布マスクですが、最近は価格も元に戻ってきて、1枚あたり10円以下で買えることも珍しくありません。本当はみんなが不織布マスクをつけるだけで、もう少し感染を減らすことができると考えられるのですが、日本は科学を捨てているので、安倍晋三前総理は国民全員に2枚の布マスクを支給。これにより、布マスクでいいならウレタンマスクでもいいという空気は余計に広がってしまったと考えられます。

 「マスクは危険」とか言っている奴もカルトなのですが、「不織布マスクが少数派」という日本もまた、まだまだ終息に時間がかかるのではないかと予想されます。どこにも行けない世の中は、マスクをしながら走るぐらいに息苦しいものですが、政府がこうした科学的な見地に基づいた正確な情報や行動指針を発表をしないことも、感染拡大を止められない原因の一つになっていると思います。「なるべく不織布マスクをつけましょう」と呼び掛けることは一切のお金がかけずにできるのですから、「食事の時間は小一時間まで」と呼び掛けるよりは、高い効果を発揮するのではないでしょうか。

◆嫌われてもいいから目立つ戦略は失敗である

 国民主権党の平塚正幸さんにしても、NHKから国民を守る党の立花孝志にしても、本当は目立つために炎上しているわけではなく、素の行動がそのまま炎上していると言った方が現実に近いと思います。

 ただ、YouTubeなどを配信していると、それが「アクセス数」に結び付くため、本当はたくさんのアンチに見守られているにもかかわらず、あたかも多くの人に受け入れられているような錯覚をしてしまうのです。そうすると、自分の思想や行動をわかる人にはわかってもらえていると感じてしまうため、彼らは過激な行動を止められなくなります。時には「感銘を受けました」という人がやってくることもあって、そういう人たちが今、一緒になって中目黒駅前でデモに参加してくれたりするわけですが、どういう人たちが集まっているのかと言ったら、ネットリテラシーの著しく乏しい人たちです。

 平塚正幸さんのもとに集まっている人たちは、本当に「新型コロナウイルスはメディアの陰謀で作られているフェイクだ」と考えてしまう人たち。そこに科学的な判断をできる人たちはいません。そうすると、組織はどんどんカルト化し、ますます普通の人が近寄りがたい団体が出来上がってしまいます。
 それが政治団体となると、多くの人は「こんな団体に投票したくない」と思うことでしょう。かなりニッチな政治団体となり、地方議員さえ生み出すことが難しくなる。これが今、国民主権党やNHKから国民を守る党の置かれた状況です。

 かつてはYouTubeを利用した戦略が「素晴らしい」ともてはやされ、まるで天才かのように持ち上げられたこともありましたが、嫌われてもいいから目立った方がいいという戦略は「失敗」だったことがわかります。当たり前かもしれませんが、国民の生活に向き合い、国民のためにコツコツ努力を積み重ねることで信頼を得ることが、党勢を拡大させる正攻法なのでしょう。

◆こうした人達が当選しかねない地方議会という現実

 一応、「国民主権党」は政治団体であり、こうした活動もまた「政治」の一環だということになります。ただ陰謀論を信じた市民が集まっているだけだったら、僕もこんなふうに記事を書くことはなかったのですが、今後、この人たちが選挙に立候補してきて、うっかり当選してしまう可能性もゼロではありません。

 最近は議員になりたい人が少なくなっている関係で、無投票当選も珍しくないですし、1人しか落選しないような選挙もたくさんあり、ろくすっぽ仕事をしないポンコツが議員になっています。仕事をしないだけならマシで、彼らのように「マスクをつけるな」とか「密になろう」みたいなことを議会で堂々と言うようになると、議会の時間も税金も無駄になってしまいます。

 有権者が正しい判断を下すためには、「国民主権党」が日頃からどのような主張や行動を繰り返しているのかを知っておいていただく必要があります。知らなければ判断もできません。僕たちは既に「NHKから国民を守る党」で、とんでもない奴らを議員にしてしまった失敗があるわけですから、その弟子筋にあたると言ってもいい「国民主権党」のことも、当選の可能性が極めて低いとはいえ、チェックしなければならないのです。

<取材・文・撮影/選挙ウォッチャーちだい>【選挙ウォッチャーちだい】
選挙ウォッチャーとして日本中の選挙を追いかけ、取材しています。選挙ごとに「どんな選挙だったのか」を振り返るとともに、そこで得た選挙戦略のノウハウなどを「チダイズム」にて公開中