「ノーマスク集会」の国民主権党が、いろいろと一線を超える存在になっていた

写真拡大

◆あの「クラスターフェス」の”政党”はいま……

 今年7月の東京都知事選で「コロナはただの風邪」という非科学的なキャッチフレーズで立候補し、脚光を浴びることになった「国民主権党」の平塚正幸さん。

 あれから毎週末のように、渋谷のハチ公前に出てきては「クラスターフェス」なるものを開催。賛同者たちとマスクもせずに「密になろう」と呼びかけ、時に警察が駆け付けるような騒動を起こしたり、集団で山手線に乗り込んでみたりした結果、世間から「迷惑野郎」だと見られるようになり、「国民主権党=ただのカルト的政治団体」になってしまいました。

 平塚正幸さんの師匠は、あの「ゴルフ党(NHKから国民を守る党)」の立花孝志。なので、どれだけ炎上しようと、炎上するのは注目されている証拠だと言わんばかりに迷惑行為を繰り返し、結果、党勢が拡大するどころか、大量のアンチを生むことになり、日々、その行動を監視されることになってしまったのでした。

 こうなってしまうと、選挙のたびにアンチが騒ぐようになってしまうため、地方議員を生み出すこともできなくなり、「政治団体」を名乗っているものの、実際は、ただの「迷惑サークル」になってしまったのです。

◆YouTubeを利用できなくなってしまった

 現在、平塚正幸さんは、新しいYouTubeアカウントを作って動画を配信しようと思っても、すぐにBANされてしまう状況が続いており、11月30日現在、46回もアカウントがBANされているそうです。

 どれだけBANされても不死鳥のごとく蘇る平塚正幸さんもスゴいですが、何度現れても着実にBANしていくYouTube側もスゴいです。もはや平塚正幸さんはYouTubeから永久追放されている人だと言ってもいいかもしれません。

 きょうび、世界中が新型コロナウイルスで困っていて、大阪は知事が「大阪都構想」なんていうものに明け暮れていたため、いよいよベッドの数が足りなくなってきている中で、「コロナはただの風邪」だと言い、「マスクを外そう」と呼び掛けているのですから、こうしたデマの流布は深刻で、デマが原因で命を落としかねないため、最近はYouTubeやSNSを運営する企業も、こうした非科学的なデマを流す人たちの取り締まりを強化しています。そんな状況で、たくさんのアンチが監視していることもあって、平塚正幸さんらしき人がアカウントを作って動画をアップするたびに、すぐさまYouTube側に通報。収益化のはるか手前でBANされてしまい、YouTubeで宣伝できない平塚正幸さんは、まったく発信力を持てない状況に陥っているのです。発信力が大きく削がれることになった平塚正幸さんですが、それでも懲りることなく迷惑行為だけは続けているのです。

◆都議の自宅に凸をする迷惑行為

 平塚正幸さんは11月28日、都民ファーストの会の東京都議・伊藤悠さんの自宅を訪問し、カメラを回しながら「抗議」という名の迷惑行為をしました。
 政治家に対する抗議行動というのは正当な理由があれば否定されるべきではありませんが、わざわざカメラを回しながら自宅を訪問する行為が、ただの迷惑でしかないということに気づかないあたりは師匠の立花孝志と同じです。 他人の家の前で警察沙汰の大騒ぎを繰り広げた末に、午後からは賛同者たちが中目黒駅前で「コロナは嘘」とか「マスクを外そう」などと訴えるデモを展開。駅を利用する人たちは、彼らの存在を気に留めることもなく通り過ぎていました。
 そもそもどうして平塚正幸さんが抗議しているのかと言えば、東京都は新型コロナウイルスの感染が深刻で、症状があったり、濃厚接触者となっている人は必ずPCR検査を受けなければならないという条例を作ろうとしており、もし検査を受けなかった場合には罰金を取ることも検討しているのです。そして、この罰則付き条例を可決させようと、その先頭に立って活動しているのが、都議会与党「都民ファーストの会」の伊藤悠さんなのですが、平塚正幸さんは「強制的にPCR検査を受けさせるのはおかしい」と言うわけです。