藤井聡太二冠(撮影・粟野仁雄)

写真拡大 (全3枚)

 将棋藤井聡太二冠(棋聖、王位)が11月20日に行われた王将戦挑戦者決定リーグで木村一基前王位(47)に勝利し、公式戦通算200勝を達成した。18歳4か月の達成は、羽生善治九段の19歳1か月を抜き、これも史上最年少。とはいえプロ入りから4年1か月での達成は、羽生の最短記録(3年11か月)に及ばなかった。叡王位のように羽生が若き日にはなかったタイトルが新設され、対局数も増えていることから見れば、やはり羽生はすごかった。

【写真】幼少期の藤井聡太 秘められた素顔を「きょうだい弟子」が語る

 藤井は、7人の強豪が総当たりで戦う王将戦リーグを勝ち抜いて渡辺明三冠(王将、棋王、名人)に挑んでの三つ目のタイトルを目指していた。しかし初戦で羽生、さらに豊島将之二冠(竜王、叡王)、永瀬拓矢王座に敗れて3勝3敗で終えた。挑戦権を失った上、リーグ陥落となり、来期は予選から戦うこととなった。10月26日に永瀬に逆転負けした藤井は「3連敗で下を見る戦いになってしまった。残念ですがリーグ残留を目指して最後まで頑張りたい」と語っていた。

藤井聡太二冠(撮影・粟野仁雄)

 この夏、あっという間に二冠を達成した若武者藤井がここへきて壁に当たっているようにも見えるが果たしてどうか。

「壁に当たったわけではない」

 2018年3月に同じ王将戦の予選で藤井聡太を破っている兵庫県加古川市の井上慶太九段は「藤井二冠はタイトルを取ってから環境や席次が変わってちょっと戸惑いはあるでしょう。もちろん、あれだけのメンバーですから壁に当たっているというわけではありません。3連敗した後、広瀬、佐藤、木村さんを破っています。これはすごいことですよ」と語る。

8月に二冠目の王位を獲得した藤井聡太(撮影・粟野仁雄)

 広瀬章人は元竜王、佐藤天彦は元名人、木村一基は藤井がこの夏、タイトルを奪った前王位だ。「なんといっても藤井二冠のプロ入り後の勝率が驚異的です。六局勝って一局負ける程度なのですから」と井上九段。

 現在、藤井の星取は200勝40敗、8割3分3厘だ。さすがにデビュー当時の29連勝というわけにはいかないが、こうした超トップレベルと多く当たり出してなお、この高い勝率である。第一級の棋士の通算勝率を見れば、例えば渡辺が6割6分3厘、豊島が6割6分8厘、永瀬が7割1分9厘。羽生が7割3厘(今年11月26日まで)などだ。まだ下位だった頃の貯金の割合が大きいとはいえ、一線級で8割超えなどいない。

2018年2月 公式戦初大局で羽生を破った藤井聡太(撮影・粟野仁雄)

 タイトルに話を戻そう。当面の関心は「史上最年少三冠」だろう。過去の記録はやはり羽生で22歳3か月だから十分達成できそうだ。とはいえ王将挑戦が消えたことで、当面、藤井のタイトル挑戦はお預けだ。三冠に挑戦する前に来年からは棋聖と王位の防衛戦が始まってしまう。

 渡辺は一時期、三冠(棋聖、王将、棋王)になったがこの夏、藤井に敗れて棋聖位を失った。「同時三冠」は「現在最強の棋士」と言われる渡辺でも難しい(その後、渡辺は名人位を奪取し三冠に戻った)。

難関は「最年少名人」

 今後、藤井が目指す中で最も難しいと思われる注目の「最年少記録」は名人位の奪還だろう。現在8つのタイトルがあるが、名人は単独で「最年少名人」とされることが多い。賞金そのものは4320万円の竜王が最も高い(名人の賞金は公表されていない防衛で3450万、挑戦者奪取で1600万円と見られる)が、「最年少竜王」とはあまり言われないことをみても、1935年からの伝統のある「名人」は別格とも言えよう。

 それまで多くのタイトルを取りながら、1982年の名人戦で中原誠十六世名人を破って42歳で初めて名人となったヒフミンこと加藤一二三九段は、対局場から走って電話に飛びつき(当時は携帯電話などない)妻に「勝った」「勝った」と叫んだという。

「棋聖」が代名詞だった米長邦雄永世棋聖(故人)も49歳での「最年長名人奪取」が大きな話題になった。

 名人獲得の最年少記録は谷川浩司九段(十七世名人資格者)の21歳2カ月だ。ところがこの名人位だけは藤井聡太とて「来年にも」とはならない。

 名人位はトーナメント形式ではなく、C2組からの各級ごとの順位戦を戦って、年度ごとに昇級して10人しかいないA級入りし、総当たりリーグでトップの成績を残した棋士が挑戦者になる仕組みだ。しかし藤井はC1組に在籍中、9勝1敗の好成績ながら、同成績だった師匠の杉本昌隆八段が席次の関係で先にB2組に上がり、C1クラスに2期とどまる不運な「留年」があった(不運と言えば今回の王将戦も広瀬とともに3勝3敗だったが、前期成績の席次で広瀬は残り藤井は陥落した)。

 藤井と同じく中学生棋士だった谷川は、14歳でのプロ入り時の年齢は藤井を6か月上回る。C2級「脱出」は二年かかったがその後は一度も「留年」せずにA級に上がった。上がったばかりの1982年のリーグで挑戦権を得て83年に加藤を破り名人に輝いた。

 現在B2組の藤井は、順位戦で6戦全勝。来年3月まで戦われる順位戦で上位2人に入ってB1組に昇級する可能性は高そうだ。ここから順調にA級入りしてリーグ戦を勝ち抜けば最短で2022年の名人戦に登場することになる。この名人戦のさなかに藤井は二十歳になる。

「天敵」の豊島二冠

 さらに、藤井が今後、克服しなくてはならないのが「天敵」の豊島二冠である。並み居るトップ級を倒してきた藤井がただ一人、豊島にだけは一度も勝てず6連敗している。

 今年9月のJT杯で豊島に5連敗した時、井上九段は「藤井二冠はこういう手にはこう指す、のような自分流を貫く信念のようなものがある。これに対して豊島竜王は相手によって作戦を立てて、徐々に主導権を取って優位に持っていくタイプ。高度な作戦家、戦術家です。内容的にはほとんど差がないのですが、最後に勝利に結びつける豊島竜王の術が少し上回ったようです。とはいえ、藤井二冠もまだ苦手意識を持ったわけではないと思いますが」と話していた。藤井聡太が通った「ふみもと子供将棋教室」(愛知県瀬戸市)の文本力雄さんは「大橋貴光さん(六段、藤井と同期)にも負け越していますが、同じ相手に6連敗するなど子供の頃から経験がなかったのでは。苦手意識で力を出せなくなるようなことがなければいいが」と心配する。豊島は昨年、名人位を獲得した頃「対人の練習局は指さず、すべてAI(人工知能)での研究」と話していたが、最近は研究会に戻って対人の研究もするようになったという。

 藤井ももちろんAI研究が多い。筆者は藤井の対局姿を見て、相手が大棋士でも並の棋士でも、あるいはAIでも関係ないと感じていた。理由がある。藤井は初手を指す直前に必ず水分補給する。「さあ、どう来る」と待ち構える格上の大棋士を一瞥もせず、悠然と飲料を飲んでから指す。

誰が相手でも同じ?

 2018年2月に東京・有楽町ホールで「朝日杯将棋オープン」を取材した。準決勝の相手は国民栄誉賞を受賞したばかりの羽生。藤井は非公式戦では羽生に勝っていたが公式戦はこれが最初。殺到する報道陣の中で、撮影兼任の筆者も至近距離からレンズを向けた(囲碁や将棋の取材では双方の初手まで撮影が許される)。ところが「それでは始めてください」と言われた先手番の藤井は悠々とペットボトル飲料を飲み出したため、「先手は羽生だったか」と慌ててレンズを羽生に向けかけた。注目される棋戦は撮影対応で着座から「始め」まで少し時間がある。その間に飲めばいいはずだが、相手がどんな大物でも「自分流」を崩さないのが藤井聡太の強さだと感じた。

 今年7月に藤井が大阪で渡辺から棋聖位を奪った際の記者会見(新型コロナの感染防止で別室からパソコンを使う「リモート質問」)で、筆者は「藤井七段は相手が羽生(善治)永世七冠だろうが、渡辺三冠だろうが、格下だろうがコンピューターだろうが、関係なく盤面に集中するだけの印象ですが、誰が相手でも全く同じでしょうか?」と尋ねた。

 藤井は「盤上を通じての人とのコミュニケーションでありますし…相手が指してきた手を見てこんな手があるのかなと思ったり…対局者によってはそれぞれいろんな発見があるのかなと思います」と答えた。

 大棋士を前に委縮しないのか? と精神面を知りたかったが質問が悪かったか、戦略的な内容の回答だった。コロナ対策でますます取材が制限されて苦慮しているがいつの日か、若武者に再度、質問ができる時を楽しみにしている。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年12月3日 掲載