重要なのは、1人用の土鍋で熱々のまま食べること。薬膳の世界では、鶏は体を温める効果のある食材だとされており、ふーふーと息を吹きかけつつ、じんわりと汗をかきながら食べると、体が芯から温まり、健康を維持できると考えられているのだ。

 付け合わせのキムチや韓国海苔で箸休めしつつ食べ進めると、土鍋の底が見える頃には、胃のあたりからじんわりと力が漲ってくる。

▼高麗参鶏湯の「高麗漢方参鶏湯」
滋養成分と旨みが詰まった口あたりだが、味わいは優しく驚くほどスッキリとしている。鶏肉はスプーンで簡単にほぐせ、しっとりと軟らかい。白菜キムチとカクテキ、韓国海苔付き。2800円(税込み)

◆『愛の不時着』効果で北朝鮮グルメが来る!

 パラグライダーで北朝鮮に不時着した韓国の令嬢が、北朝鮮の将校に助けられて恋に落ちる話題の韓国ドラマ『愛の不時着』。

 熱狂的ファンたちは、ドラマに登場する北朝鮮グルメにも興味津々。素朴な麺料理「ククス(野菜とトウモロコシ麺の煮込み)」や「貝プルコギ(ハマグリのガソリン焼き)」が話題になっている。後者はガソリンをぶっかけてハマグリを焼くという、豪快すぎる料理で、日本でも体験イベントなどが開催されている。

<取材・文/吉田桂 撮影/土居麻紀子>