こんにちは、公認心理師、精神保健福祉士の水口明子です。コロナ禍が続き、以前から自身のことを潔癖症だと思っている方以外にも、電車のつり革などが触れられなくなった、必要以上に手を洗ってしまうという方が増えてきていると思います。以前「接触恐怖症」という「強迫性障害」の中の一種である疾患をご紹介しましたが、この強迫性障害は潔癖症というだけではなく、戸締りやスイッチ、コンセントなどを何度も確認してしまう、物の位置や置き方に異常にこだわりがあるなどの確認行為、強迫行為もあります。今回は「強迫性障害」についてお話させていただきます。

強迫性障害は日常の延長線上にある

「強迫性障害」は、不安障害という神経症の中のひとつです。不安・恐怖の異常な高まりによって必要以上に行動を起こしてしまい、それが生活にも支障をきたすレベルになってしまうという病です。

皆さんの中にも、「家の戸締りをちゃんとしたかな?」「エアコンを消し忘れたかも」と、不安になって家に戻ってしまったという経験をしたことはないでしょうか。この行動も不安にかられての行動です。もちろん、この行動が強迫性障害ということではなく、この行動を日常に支障をきたすほど繰り返す、また長時間をかけてしまうことが病かどうかの判断基準となります。家の戸締りであれば、遅刻してしまうとわかっているのに何度もカギをかけたかどうかを確認する行為が該当します。

他にも、日本人はラッキーナンバーやゲン担ぎなど、こだわりを持つこともよくあるでしょう。しかし、この行為も生活が不便になってしまうほどであれば強迫性障害が疑われます。

コロナ禍においては、手にウイルスがついているんじゃないかと1時間以上も手を洗い続けてしまったり、肌荒れしているのにも関わらずアルコール消毒を家で何かに触れる度に何度も過剰にしてしまうなどの行為が当たります。

いまだ発症理由がわかっていない

強迫性障害には、「強迫観念」と「強迫行為」の2つの症状があります。説明は下記の通りです。

強迫観念……頭からあることが離れなくなり、その不安、恐怖、不快感に苛まれてしまう。過度の確認などの強迫行為を引き起こす

強迫行為……強迫観念による不安や恐怖、不快感を一時的に軽くするための行為

強迫性障害は、日常への不便さを自分自身も感じており、自覚がある場合がほとんどです。自分でも行き過ぎた行動でありながら止めることができないのです。しかし、日常に不便だと思いながらも病院に行かない人も多く、どのくらいの割合で強迫性障害の患者がいるのかは明らかになっていません。

発症には性格、生育歴、ストレスなど、さまざまな要因との関係が考えられているものの、強迫性障害になる原因はいまだはっきりとはわかっていません。

「家にカギをちゃんとかけたかな?」という不安は誰にでもあること。

心配性、強迫性障害の判断基準は日常に支障をきたすレベルかどうか

強迫性障害は、戸締りチェック、ゲン担ぎ、手洗いなど、生活の中で普通にする行動の延長上にあります。自分は少し心配性なだけなのか、病気なのかの判断基準となる簡単なチェックリストがありますので、気になる方は一度チェックしてみてください。

◆強迫観念
・汚れやトイレ、ばい菌に関することが過剰に気になる
・自分が汚れをまき散らし、家族や周りの人が病気になるのではないかと心配になる
・自分や他人を傷つけてしまうかもしれないと心配になる
・恐ろしい考えや場面が頭に浮かんできて、離れなくなる
・火事、事故など恐ろしいことが起こると、自分の責任ではないかと心配になる
・病気になっているのではないかと過剰に気になる
・気づかないうちに大事なものを捨ててしまうのではないかと心配になる
・身体の一部や外見が過剰に気になる
・善悪や道徳に対して過剰に気になる
・物の位置や対称性に関して過剰に気になる
・何でもかんでも覚えておかなくてはならないと考える

◆強迫行為
・長時間、一日に何度も手洗いを行う、または洗い方に儀式的な決まりがある
・入浴、歯磨き、トイレなどに過度な時間をかける、またはその方法に儀式的な決まりがある
・本人の持ち物に触られることを過度に嫌がる
・外出を避けたり、行動範囲が限られている
・家族に対しても、清潔を保つことを過度に要求する
・水道代、せっけんや洗剤、ティッシュペーパーなどの消耗が激しい
・戸締りやスイッチ、コンセントなどを何度も確認している
・忘れ物をしたのではないかと何度も確認する
・身支度や外出の準備に時間がかかりすぎる
・人に危害を加えたか、傷つけるのではないかと心配し、何度も確認する
・恐ろしいことが起こらなかったか、起こるのではないかと心配し、何度も確認する
・読書や勉強の際、何度も同じところを読んだり書いたり、必要以上に時間がかかる
・心配になったことについて、家族に何度も同じ質問したり、儀式行為をするよう求める
・物の位置や置き方に異常にこだわり、何度もやり直したり確かめたりする
・物を捨てられずに過度にため込んでしまう
・家族の行動に細かい注文をつける

(参照:東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室の強迫生障害チェックシート)

1つでも該当し、その項目について1時間以上継続して繰り返す、または考えてしまう場合(※)は一度、医療機関に相談することを考えてみてください。
(※)精神障害の診断・統計マニュアル第5版(DSM-5)の判断基準より

我慢し続けると周囲を巻き込むことにも

発症の原因は明らかになっていないものの、症状が続く原因や、症状が悪化する原因などは解明が進んでおり、病院でしっかりと治療に取り組めば治ることも目指せる病です。

強迫性障害は、本人はもちろん、家族など周りの方を巻き込むことも多くなります。結果、人間関係に支障が出てくる場合もあります。治療は我慢し続ける時間が長いほど長期間に及んだり、また二次障害としてうつなどの病を併発してしまうこともあります。少しでも該当する場合は抱え込まずに病院を頼ることを考えてみてください。■プロフィール

心理カウンセリングの賢人 水口明子

メンタルケアオフィス「ハビットマインドKOKOLO」代表。公認心理師(国家資格)、精神保健福祉士(国家資格)、全心連公認 プロフェッショナル心理カウンセラー、メンタルヘルスマネジメント検定擬錣覆匹了餝覆鮖つ。メンタルクリニックにて、インテーク面接や、訪問看護を担当後、うつ病に特化した、就労移行支援事業所の管理者としてプログラム講師、利用者へのカウンセリングを実施。また、浦和にあるカウンセリング研究所にて講師として、メンタルヘルス、アサーション、プレゼンテーションスキルアップなど50以上のプログラムを作成し、人材育成も行なっている。