アメリカのMAGA(トランプ支持者)

写真拡大

 大統領選挙は3日の投票後、7日のペンシルベニア州の当確で、バイデンの勝利で幕を閉じたはずだった。24日には政権移行も開始し、バイデンは選挙の終わりをTwitterでつぶやいた。それでもなぜか、25日になってもトランプ大統領は「不正選挙!」とつぶやき続ける。
アメリカでは過ぎたことになりつつあるこの選挙だが、なぜか日本から沸き起こり続ける不正選挙デマについて現地、NYからリアルタイムドキュメンタリスト、大袈裟太郎が検証していく。
 
◆そもそもバイデンの逆転劇ではなかった

 開票当初、赤い州(共和党地盤)の当確が早々と決まっていく中で、トランプがリードしているとの報道がなされたが、筆者としてはこの報道自体に疑問を持っていた。現在確定したバイデン306対トランプ232という結果ですら、世論調査を元にした私の事前予想との誤差は50州+首都DCの51選挙区のうち、たった2州に過ぎない。

 そして、スイングステートで勝敗が決まることは予想がついたわけだから、確定がもつれることはわかっていた。人口の多い都市部で開票が長引くのは必然であるし、その都市部で青(民主党)が強いのも伝統的に当たり前のことだ。4日間で当確が出たのは私の予想からすれば早すぎるくらいだ。この過程のある時点だけを切り取り、トランプがリードしバイデンが逆転したと報じることは、メディアとして不誠実だと私は考えている。

 今回の結果は世論調査のデータと比較してサプライズと呼べるものではないのだ。それでも選挙直前、そして開票中もトランプ優勢を報道し続けた日本のマスメディアにはやはり疑問が残る。

◆フェイクニュースのもぐらたたき状態
 開票日、深夜。どちらも過半数の270人には到達していない状態でトランプが勝利宣言を行った。この中でトランプが「新しい票を数えるな」と不思議なことを言った。これが犬笛であり、トランプ陣営の不正選挙陰謀論の始まりだったように思える。これ以上開票が進むと自分たちが負けることを見越して、票の集計のストップを匂わせたのである。

 そこから数え切れないほどのデマの嵐が吹き荒れていく。そしてトランプ自身がそれをツイートしていくのだ。(Twitter社から警告を受けながら)
 米国メディアは素早くファクトチェックをするが、この陰謀論者たちの怖いところは、間違っていても謝らない、訂正しない。そしてそのまままた別のデマを拡散していく点にある。デマの波状攻撃、もぐらたたき状態。初めから嘘の伝言ゲームである。そして陰謀論を鵜呑みにしている人々は、既存のメディア自体が信用できないという状態に根本的な思考を乗っ取られているため、いくらファクトチェックしても届かない。ただファクトチェックの重要性というのは狂信的なデマの発信源に対してではなく、それを見て混乱してしまう層へ向けての道標としての機能なのだと今回のアメリカを見て実感している。

 死者が投票した。バイデンが不正選挙組織を作った。中国から大量の票が届いた。投票率が100%超えた。ドイツにあったサーバーを米軍が押収した。ドミニオンが集計を操作した。
 それらは瞬く間にファクトチェックされていった。そしてどの陰謀論にも共通するのが「バイデンはトランプを上回ったが、同じ投票用紙の議会選挙では民主党が苦戦している」という点の説明がつかないことだ。

 デマの発生源はQanon、共和党議員、スティーブ・バノン系メディア、法輪功、統一教会、幸福の科学、などなど、カルト揃い踏みというような有様だった。その辺りの解説は藤倉善郎氏によるこちらの記事に詳しい。◆BBFおじさんの登場
 会見翌日にはトランプ支持者たちが開票所に集まり圧力をかけ始める。ただ、彼らはバイデンが勝ちそうなミシガンでは「票を数えるな!」と叫び、トランプが勝ちそうなアリゾナでは「票を数えろ!」と叫んだことから、彼らがいかにご都合主義であるかを世に知らしめる珍事となった。