ジュリアナ東京

写真拡大 (全2枚)

 お立ち台の上で、羽根つき扇子を振り回して踊るボディコンの女性たち……。バブル末期に一世を風靡した「ジュリアナ東京」といえば、平日は1000人、週末になると2000〜3000人ものお客が押し寄せ、最寄りのJR田町駅からボディコン女性が列をなし、“社会現象”にもなったことで知られる。そのジュリアナ東京を企画・プロデュースした折口雅博氏(59)に、伝説のディスコ誕生までの秘話を聞いた。

 ***

 ジュリアナ東京の映像は、今でもバブル時代の象徴としてメディアで紹介される。DJのジョン・ロビンソンが「ジュリアナズ〜トーキョー」と叫び、星野靖彦のテクノ『CAN`T UNDO THIS!!』が流れると、会場のボルテージは最高潮に達した。店内は連日鮨詰め状態で、昨今のコロナ禍では考えられない光景である。

ジュリアナ東京

 オープンは、1991(平成3)年5月。

「初日は550人が入場しました。午後6時開店。8時までは静かな音楽が流れ、食事をしたり、飲んだりしてもらい、8時になるとレーザーショーが始まります。そして『ジュリアナズ〜トーキョー』とメカニカルな声が流れた時には、感極まって涙がでましたね」

 と回想するのは、折口氏。同氏は11月に自らの半生を綴った『アイアンハート ゼロから12年で年商7700億円企業を創った不墝不屈の起業家』(昭文社)を出版したばかりだ。

ディスコのノウハウはゼロ

 まずは、折口氏の経歴を紹介しよう。

折口雅博

 東京・大田区出身。父親は人工甘味料を生産する会社を経営していた。ところが、アメリカで人工甘味料に発がん性物質が含まれていると発表され、厚生省も使用禁止を決定。会社も倒産する。その影響で、高校は学費のかからない陸上自衛隊少年工科学校(現・陸上自衛隊高等工科学校)に進み、防衛大学では理工学を専攻した。防大卒業後、コンピュータ会社の日本ユニシスを経て、1985年に日商岩井に入社した。

 ジュリアナ東京、94年にヴェルファーレをオープンさせた後、95年に人材派遣会社の「グットウィル」を創業。12年で年商7700億円の企業にまで成長させた。しかし、2006年、グループ会社「コムスン」の介護報酬不正請求が発覚したことがきっかけで、09年にグットウィルは解散した。

 現在は、ニューヨークと東京に拠点を持つブロードキャピタル・パートナーズのCEOを務める。これまでの経験を生かし、起業家にコーチングを行っているという。

「日商岩井では電子産業部に所属し、ハンガリーやチェコ、ルーマニアなど東欧向けにパイオニアなどの音響機器を輸出していました。ところが、85年のプラザ合意(G5でドル高是正のための協調介入が合意された)によって円高となり、輸出から輸入の仕事に切り替わったのです」

 折口氏は、日本ではまだ小さかったレジャーやエンタテインメント業界に目をつけ、インドアのゴルフシュミレーターやインドアのウォーターパークなどを手がけた。

「そんな時、芝浦に倉庫を持つ社長から声がかかったのです。空いた倉庫を活用できないかというので見に行ったら、きれいな長方形で、広さは1200平方メートル。天井高は8メートルもありました。ディスコにしたらすごくダイナミックなものになると思いました」

 倉庫は、JR田町駅から徒歩7分の場所にあった。

「非日常な空間を作れば、ディスコにはピッタリの場所だと思いましたね。社長にディスコをやるのはどうかと言うと、びっくりしていましたね。当時日商岩井は、イギリス最大のレジャー企業であるウェンブリー社と業務提携しており、傘下にあったのが、ジュリアナズ社です。日商岩井が日本初の外資系大型ディスコを手がけるとなれば、大きな話題になると思ったんです」

 折口氏は、それまでディスコには4回しか行ったことがなく、ノウハウも全くなかった。

「都内の一流ディスコを見てまわってスタッフをヘッドハンティングしました。当時、一番流行っていた日比谷のラジオシティの支配人に声をかけ、ジュリアナ東京に来てもらいました。ほかにも、マハラジャなどから、支配人やマネージャーを計10人ほど引き抜きました」

生保レディに招待券を配布

 さらに、スタッフを募集する広告を新聞に出したところ、その日の朝、5人ものリクルート社員が、リクルートの求人誌に採用広告を出しませんかと会社にやってきたという。

「5人はそれぞれ別々の部署で、互いに競合していたのです。そこで一人ずつにプレゼンをさせました。すると、その中の一人が、頭も切れ動きが良い優秀な人でした。リクルートを退社してもらい、ジュリアナの広報をお願いすることになりました」

 折口氏はまず、宣伝に力を入れた。新聞や情報誌はもちろん、夕刊紙、女性雑誌にも広告を打ったという。

「成功させるには、お祭りが行われているような雰囲気が出るよう会場を満員にする必要がありました。そのために、招待券を大量に配布しました。やみくもに配ったのではなく、影響力のある人に渡したのです。たとえば、上客を抱えている生保レディ。それに大手証券マン、商社マン、広告代理店、エリートビジネスマンの集まりである丸の内青年倶楽部にも配りました」

 内装のデザインは、カナダ人女性デザイナーが手がけた。

「それまで、お立ち台は高さ1メートルでした。ジュリアナの場合、天井が高いので1・2メートルにしました。すると、踊っている女性が少しでも大きく見えますからね」

 結局、オープン初日は、550人のお客が入り成功をおさめたが、問題は週末だった。

「最初の週末はどうなるのか不安でしたね。というのは、週末は招待客を入れてないからです。金曜日の朝、緊張のあまり、フロに入ったら鼻血がでましたよ。会場は400人は入らないと、混んでいるように見えません。ガラガラだったらどうしようと、びくびくしていましたが、結局800人以上の入場者があり、思わず拳を振り上げましたね」

月の利益が現金で1億円

 チケットは、男性が5000円、女性は4500円。週末は500円高くなる。チケットには3500円分のドリンクとフード券が付いていた。ちなみに、招待客のリピート率は50%にも及んだという。

「オープンしてから4カ月後には、月の経常利益が1億円になりました。しかも現金です。その年の大晦日には5000人が集まりました」

 ボディコンの女性客が、“ジュリ扇”と呼ばれた扇子を持つのも流行った。

「お店は鮨詰め状態になるので、空調をフルに動かしても暑い。会場内でジュリアナのロゴの入った扇子を販売していたのです。それを手に持って踊る女性が現れ、いつの間にかジュリアナ近くの出店で羽根付扇子が売られるようになったというわけです」

 折口氏は、オープンから半年後に日商岩井を退社。ジュリアナ東京の運営会社の社長に就任したが、

「口約束ですが、日商岩井を辞めたら社長に就任することになっていたんです。でも、予想外に利益が出たこともあって、倉庫のオーナーや運営会社の人たちから排除されました。僕がいなくて、自分たちの思うようにやれば、もっと儲かると思ったようです」

 折口氏は、ジュリアナ東京を立ち上げるため、5400万円を借金して出資していたが、社長就任から2カ月後に社長を辞め、借金だけが残ったという。

「江戸の敵を長崎で討つしかない、と思いました。94(平成6)年、六本木で世界最大級の『ヴェルファーレ』をオープンしました。僕は、運営会社の社長としてプロジェクトを進めていましたが、オープン直前に副社長に降格。所詮雇われですから、経営権を持たせてもらえませんでした。でも、ヴェルファーレが軌道に乗ったことで、ジュリアナでつくった借金は返済できました」

 ジュリアナ東京は、肌を過度に露出した女性が問題となり、警察の捜査が入ったことで常連客が遠のいて経営が悪化。1994年8月に幕を閉じた。3年ちょっとの、伝説のディスコの映像は、今も人々の脳裏に残っている。

週刊新潮WEB取材班

2020年11月30日 掲載