全日空の客室乗務員、地方居住も 減便長期化で来年4月から容認

ざっくり言うと

  • 全日本空輸が、客室乗務員の地方居住を認める新制度を提案したと分かった
  • 現地空港から羽田などに通える仕組みを2021年4月から時限的に導入するもの
  • 減便が相次ぐ中、リストラせずに人件費を圧縮し需要回復時の人員を確保する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x