中国・北京郊外のごみ処理施設で、圧縮されたプラスチック容器の塊(2018年5月16日撮影、資料写真)。(c)Fred DUFOUR / AFP

写真拡大

【AFP=時事】中国国営・新華社(Xinhua)通信は27日、同国が2021年1月1日以降、すべての廃棄物の輸入を禁止すると報じた。中国が3年前から段階的に行ってきた廃棄物輸入規制が最終段階を迎える。

 中国は1980年代以降、固形廃棄物を輸入し、地元の企業が洗浄、破砕し、工業用の原材料に加工してきた。長年にわたって世界最大のごみの輸入国だったが、リサイクルや適切な処理ができないと汚染につながる。

 中国政府は「世界のごみ箱」から抜け出すことを目指し、2018年1月から廃棄物の輸入規制に乗り出し、輸出国は行き場を失ったごみの処理問題に直面した。

 その後、プラスチック、自動車部品、紙、繊維、くず鉄、木材などの輸入を段階的に禁止してきた。

 新華社によると、1月1日からはあらゆる種類の廃棄物が禁止対象になるという。また昨年の中国の固形廃棄物輸入量は1348万トンで、2018年の2263万トンから減少。今年1〜10月の輸入量は前年同期比で42.7%減少した。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
プラごみ海洋汚染 米NGO、過去10年間の動物への被害を報告
フィリピン、輸入「リサイクル」廃棄物をカナダに返送 コンテナ69個分
隣人の遺品のごみ袋、中身は5400万円相当の「スター・ウォーズ」お宝