ピーチ・アビエーションは、12月の国内線で減便を追加する。

12月4日から25日にかけて、6路線の162便を運休する。対象となるのは、大阪/関西〜札幌/千歳・仙台線、東京/成田〜札幌/千歳・福岡・宮崎線、仙台〜札幌/千歳線。12月の運航便数は計2,903便で、当初計画比82%となる。

12月26日から31日にかけては、従来どおり計画比100%を運航することを予定している。