もはや日常生活に欠かせない存在になっているコンビニパンは、おいしい・安い・種類が豊富で、日頃からよく買って食べているという人も多いのでは? ローソンから新たに発売されたパンは、みなさんが今まで見たことなさそうな、まさかの組み合わせなんです!

メロンパンの中身は……?

”まさかの組み合わせ”のパンとは、2020年11月24日(火)にローソンが発売した、「チャーシューメロンパン」のこと。税込150円で販売されている新作パンです。

商品名からもわかる通り、メロンパンの中にチャーシューが入っているという異質な組み合わせ。商品説明を見てみると、”甘めの生地で、味の濃いタレでからめたチャーシューを包み、グラニュー糖をつけたメロン皮をかぶせました”と記載がありました。

発売前から、ローソンの新商品ページを見て気になってはいたのですが、いざ本物を目の当たりにすると、メロンパンにチャーシューっておいしいの……? と二の足を踏んでしまいますね。

あれ、意外と……

メロンパンといえば、丸い形を思い浮かべると思いますが、同商品は四角。袋を開けると、甘い香りとチャーシューのしょっぱい香りが立ち込めてきました。

食べる前に半分に切ってみましたが、メロンパンの中には、タレがしっかりからまったチャーシューがたっぷり入っています。あまり見かけない光景に、戸惑いながらもひと口食べてみると、思ったよりもおいしい!

グラニュー糖とパン生地のしっかりとした甘さに、塩味の効いたチャーシューが絶妙にマッチしています。チャーシューが角切りなので、ジューシーさもあり、肉を食べている満足感もありますよ。

「チャーシューメロンパン」について検索してみると、横浜中華街ではじわじわ人気が出てきているという噂も。一度食べたら、クセになっちゃうかも?(文・関根僚輔/TOMOLO)