キハ40・48形の置き換えが始まります。


五能線で営業運転が始まるGV-E400系(画像:JR東日本)。

 JR東日本秋田支社は2020年11月26日(木)、五能線でのGV-E400系の営業運転開始日が12月12日(土)に決定したと発表しました。

 GV-E400系は、五能線を走る現行のキハ40・48形ディーゼルカーの後継として製造された新型の電気式ディーゼルカーです。エンジンの回転力で発電し、電気でモーターを回して走ります。従来のディーゼルカーと比べて速度を調節しやすいことや、電車と共通する部分が多いため保守コストが減らせるなどのメリットがあります。JR東日本ではすでに新潟地区で使われています。

 五能線には1両編成1本と2両編成1本の計3両が導入され、12月12日(土)から東能代〜川部〜弘前間で運行されます。初日の12日(土)は、東能代駅で出発式が開催される予定です。