JALグループは11月27日、12月5日から2021年1月5日までの運航計画を発表した。

新型コロナウイルス感染症の影響による、至近の需要動向を鑑みて追加減便を決定したもの。12月5日から15日までの394便と、12月16日から1月5日までの北海道エアシステム(HAC)運航便の24便を合わせた、24路線の418便を減便する。

12月25日から1月5日までの年末年始期間中の追加減便数は10便で、運航率は94%と変わらない。