ANAホールディングスは、11月27日に開いた取締役会で、新株の発行と売出しを決議した。

公募で1億2,631万株、オーバーアロットメントと第三者割当でそれぞれ1,369万株をそれぞれ売り出す。これにより、最大で3,321億2,680万円を調達する見通し。希薄化率は29.5%となる。

調達資金のうち2,000億円を、2012年8月と2020年3月に発注したボーイング787-9型機とボーイング787-10型機計24機の購入を含む設備投資資金に充当し、残りは2023年3月末までに、長期債務の返済資金に充当する。

ANAホールディングスは、全日本空輸(ANA)が運航するボーイング777型機を中心とした28機の退役前倒しを決定しており、燃費性能の高いボーイング787型機の導入で、特に国内線での受給適合対応力を高められるとしている。

ANAホールディングスの中堀公博グループ経理・財務室長は、「資本増強で事業構造改革を通じ、コロナ禍の厳しい経営環境を乗り越え、中期的には成長戦略による収益拡大で、既存株主の期待に応えることが最良。」と述べた。