NHKの朝ドラ「エール」の最終回でも歌われた歌謡曲「高原列車は行く」。そのモチーフとなった鉄道は、ドラマにおける主人公のモデルとなった作曲家・古関裕而の故郷福島県にありました。実は古関、鉄道や運輸事業者と今も深いつながりがあります。

♪高原列車はラララララ、(硫黄鉱山へ)行くよ〜

 作曲家・古関裕而の生涯をモチーフとしたNHK朝の連続テレビ小説「エール」が、2020年11月27日(金)に最終回を迎えました。この日は異例のコンサート形式で、古山裕一役の窪田正孝さんによる司会のもと、ドラマに登場した数々の楽曲が披露されるという展開で、ファンならずとも楽しめるものでした。

 そのなかで、関内光子役の薬師丸ひろ子さんが披露した「高原列車は行く」(作詞:丘灯至夫、作曲:古関裕而)は、「古関メロディー」の代表的な歌謡曲として、いまも歌い継がれています。1954(昭和29)年に発売され、歌手・岡本敦郎の伸びのある歌声とともに大ヒットを記録したこの曲ですが、その歌詞は、作詞家の丘灯至夫が福島県で運行されていた「沼尻鉄道」(沼尻軽便鉄道、日本硫黄沼尻鉄道)を思い浮かべて書かれたものです。

 この鉄道はもともと、沼尻鉱山から産出される硫黄を運ぶために開設されました。線路幅762mmの軽便鉄道であるにもかかわらず、40パーミルという現在のJR最大勾配区間に匹敵する急坂があり、「マッチ箱」と呼ばれた小さな車両が15.6kmの距離を走るのに50分弱を要するなど、実際には「ラララララ♪」と歌いたくなるような快適さではなかったようです。1968(昭和44)年に運行を休止し、復活することなく翌年廃止されました。


沼尻鉄道、往時の姿。一部の車両は猪苗代町内で保存されている(画像:pixta)。

 旧沼尻鉄道の沿線は福島市や郡山市から比較的近く、温泉やスキー場などもあることから、「裏磐梯」地域の観光の足として、人々の旅の記憶に残っています。現地にはかつての車両が保存・展示され、廃線跡は風が心地よいトレッキングコースとしても人気を博しています。

 なお「高原列車は行く」がヒットした当時は、多くの人が八ヶ岳高原を走る国鉄小海線を思い浮かべたようですが、作詞した丘が「少年時代に家族で温泉に向かう際に乗車した沼尻鉄道がモデルである」と語っています。もっとも歌詞を受け取った古関裕而はそんなことは露ほども知らず「アルプスの高原鉄道を思い浮かべて曲を書いた」そうで、もし伝わっていればここまで軽快な曲にはならなかったのかもしれません。

発車メロディ・社歌など多数! 記憶に残る「古関メロディー」

 その生涯で約5000曲とも言われる古関裕而の作品のなかには、2020年現在でもさまざまな鉄道施設で聴けるものもあります。

 そのひとつがJR福島駅の発車メロディー。東北本線、奥羽本線などが発着する在来線ホームで「高原列車は行く」が、新幹線ホームでは高校野球の大会歌でもある「栄冠は君に輝く」が流れたあと、列車は福島県の高原地帯へと出発します。

 福島駅から500mほど東側には生家跡(旧・喜多三呉服店)の碑もあります。元の福島交通が運行する「古関裕而メロディーバス」で数々の作品を聴きながら市内の観光地を巡るのもよいでしょう。


本宮駅前「イヨマンテの夜」歌碑。ボタンを押すと大音量で歌が流れる(宮武和多哉撮影)。

  また福島駅から30kmほど南側にある本宮市は、古関裕而の旧くからの盟友である歌手・伊藤久男の出身地として知られています。代表的なヒット曲「イヨマンテの夜」は、ドラマ内でも山崎育三郎さん(最終回のみ吉原光夫さん)が歌い、話題を呼びました。東北本線の本宮駅前には伊藤久男の胸像がそびえ立ち、横のボタンを押すと気軽に原曲を聴くことができます。ただ、「アアアァーイーーヨーーマンテェーー」とかなり大きな音量で歌声が響き渡るので、注意が必要かもしれません。

 古関裕而は東急電鉄・西武鉄道・相模鉄道・三重交通といった鉄道・バス事業者の社歌も多く手がけ、いまもイベントなどでなどで歌われることがあるそうです。そのほか阪急電鉄グループで映画会社の東宝の社歌や、配給映画の音楽も多く手がけ、「エール」の次に放送される朝ドラ「おちょやん」のモデルとなる女優・浪花千栄子の出演作品にも数々の劇伴音楽を残しています。

 さまざまなジャンルで歌い継がれる「古関メロディー」は、鉄道・バスの現場だけでなく、多くの人々の記憶にこれからも残ることでしょう。