蜜月だった頃の尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長と文大統領

写真拡大 (全5枚)

韓国憲政史上初、総長の職務停止

 文在寅大統領は昨年7月、韓国の捜査機関トップである検事総長を任命したとき、「青瓦台(大統領府)であれ、政権与党であれ、生きている権力に不正があれば、厳正に捜査せよ」と訓示を垂れていた。普段から、二枚舌どころか何枚舌があるんだとばかりに重なった大統領の嘘の中でも、これはとりわけインパクトの強いものとなったのである。

 大統領が訓示を垂れた相手は尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長。現在、韓国の次期大統領の野党側有力候補として名が挙がっている人物だ。

 尹錫悦総長は「現政権でも顔色を窺うことなく捜査せよ」という文大統領の指示どおり、その側近である“タマネギ男”こと者国(チョ・グク) 前法務部長官と青瓦台出身参謀の不正を摘発・起訴した。

蜜月だった頃の尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長と文大統領

 しかし、それがくすぶって、権力闘争の火種となっているのだ。

「文大統領の弾劾」まで取り沙汰されるほど、韓国の政界を揺るがしている尹総長をめぐる論争とは果たして何なのか。

 11月24日午後、秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官は尹錫悦総長の職務を停止すると発表した。

 現職総長の職務停止は、もちろん韓国憲政史上初めてのことだ。

 秋長官は、尹総長が有名な放送局の社長と不適切な会合を行い、者国前長官事件の裁判官に対する不法査察、政治的中立の損傷など、権限を濫用し、職務上の義務に違反したと主張した。

 尹総長は秋長官の主張は虚偽だと反論し、「違法・不当な処分には、最後まで法的に対応する」と言い返している。

”タマネギ男”の後継の秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官

 国家行政序列上、法務部長官は検事総長より上位だが、その指揮・監督権は制限され、検事の独立性を尊重しなければならないのは誰もが知ることだ。

 法務部長官から足蹴にされ、25日から検察庁で勤務できなくなった検事総長は怒り心頭に発しているようだ。

共に民主党から「正義の検事」と呼ばれた総長

 駆け足ながら、彼の経歴を振り返っておこう。

 1994年から検事として活動し、韓国で1軍検事と呼ばれるソウル中央地方検察庁の部長検事の座に上った尹錫悦検事は2013年、李明博(イ・ミョンバク)政権下で国家情報院が行った世論操作事件を捜査していた。

出勤しない尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長、法的対応」と各局大きく取り上げる

 しかし、李元大統領と同じ政党の朴槿恵政府から圧力を受け、急遽捜査を中断。尹検事は国会議員の“圧力”で起訴できなかったと暴露し、「私は組織に忠誠を尽くし、人には忠誠を尽くさない」と特定の権力者の圧力に屈服しない考えを述べた。

 朴槿恵政府から目を付けられた尹検事は、地方に左遷されたが、当時野党で、現在与党の共に民主党から“激励”を受けている。

 そして尹検事は2016年末、朴槿恵前大統領のいわゆる“崔順実ゲート事件”が韓国社会を揺るがすと、共に民主党の推薦で“特別検事”に任命され、ソウルに復帰した。

 尹検事は捜査陣を率いて、崔順実氏と李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長、さらに、朴槿恵前大統領など、この事件に関わるほとんどの容疑者を起訴に導いた。

「恥ずかしくないのか」と長官にぶつける検事総長

 文大統領は就任直後の2017年5月、尹錫悦検事をソウル中央地方検察庁長に任命。これは、地方の2軍でくすぶっていたベテラン選手をソウル1軍の監督職に昇進させる破格の人事だった。

 その期待に応えるべく尹検事は、文在寅大統領の“仇敵”だった李明博元大統領を逮捕・起訴するなど、文在寅政府と与党・共に民主党が拍手喝采する捜査を積極的に行った。

 青瓦台と与党は尹検事を支持し、文大統領は昨年6月、検事総長に任命したのである。

「ファイト!」と叫んでいた民主党から非難

 一方の保守野党は、同氏の人事を認証する段階で、妻側家族の不正問題を取り上げて反発。与党・共に民主党は同氏を保護し、7月25日、ようやく文大統領は検事総長任命状を授与するに至った。

かつてタマネギ男を追い込んだ検事総長

 総長就任の折に文大統領は「青瓦台であれ、政権与党であれ、生きている権力に不正があれば、厳正に捜査せよ」と述べたが、尹総長はこれが後に嘘だと明らかになるなど、そのときは思いもよらなかった。

 尹錫悦総長は昨年8月、文大統領の最側近である者国前法務長官と家族の不正疑惑捜査を開始。

 暴けば暴くほど新しい疑惑が出てくる「タマネギ」の捜査に取り組んで者前長官の妻と甥を拘束起訴した。

 者前長官の妻には、娘の大学入試不正と証拠隠滅、不法な方法を利用したファンド投資など11の容疑が適用された。

 逮捕状を審査する裁判所も、証拠隠滅を防ぐための身柄拘束を認め、妻は逮捕された。

 その後、尹総長は、者国前長官に対する捜査を進め、昨年12月、業務妨害、職権濫用、収賄、公職者倫理法違反など12の容疑で起訴した。

 捜査過程で不正容疑が明らかになった文大統領の側近である公務員や大統領府の高位公職者、共に民主党議員を公職選挙法違反などの容疑で起訴し、現在、裁判が進められている。

 それから、ジョークのように見えるが、一向に笑えない状況がやってくる。

 半年前まで「尹錫悦ファイト!」と叫んでいた共に民主党が突然、尹総長を非難しはじめたのである。

 共に民主党所属の国会議員は例外なく「権力闘争をしかけている」「尹総長の解任建議案を提出すべきだ」と尹総長を攻撃、「尹総長はただ文大統領の指示通りに捜査をしただけだ」と総長を擁護した党員は、いじめのような非難を浴びて離党した。

総長に指揮権を発動した法務部長官

 そして、あろうことか共に民主党は、検事総長人事の検証過程で保守野党がかつて取り上げた尹総長の夫人側家族の不正問題を蒸し返し、親・文在寅性向のメディアも加担して、尹総長を糾弾するのだ。

 尹総長は、問題は結婚前に起きたことであり、自分とは全く関係がないと何度も反論したが、共に民主党側は聞く耳を持たないままだ。

 サプライズはまだ続く。

 今度は保守野党が「生きた権力を厳正に捜査しろという嘘を信じてしまっただけ」と尹総長を“被害者”のように擁護し、次期大統領選挙の候補として迎え入れようとしている。

 政治なのかお笑い番組なのか。

 文在寅大統領は今年1月、共に民主党国会議員の秋美愛氏を法務部長官に任命した。

 秋長官は就任一週間後、検察人事を発表し、尹錫悦総長の側近と捜査チームの検事たちを地方検察庁に左遷した。

 新任のソウル中央地方検察庁長には文大統領と同じ大学の出身で、かつての盧武鉉政権に青瓦台で文大統領の同僚だった李成尹(イ・ソンユン)検事を起用した。

 今年8月にも検察人事を行い、同じように尹総長の側近を左遷して、現政府を肯定する検事を重要職に登用した。

 秋長官は日本でもよく知られた元朝鮮人従軍慰安婦関連団体「正義記憶連帯(正義連)」の寄付金流用疑惑で起訴された尹美香(ユン・ミヒャン)共に民主党議員に対する捜査指揮部も交代。

 以後、正義連の捜査は遅々として進捗していない。

 秋長官は、共に民主党議員の前で尹総長を侮辱する発言を行い、さらに尹総長に特定捜査に介入するなといわんばかりに、検事総長に対する直接捜査指揮権を発動した。

自分の権力に対抗したら黙っておかない

 いわゆる「傀儡総長」を作ったまでは良かったが、皮肉にも秋長官が尹総長を非難するたびに彼の次期大統領候補としての支持率が上がっており、最近、ある世論調査では支持率1位を記録している。

 もちろん尹錫悦総長をめぐる現在の韓国政界の状況は、日本には特に大きな影響はないかも知れない。

 しかし、口では正義を叫びながら、実際は自分の権力に対抗したら黙っておかない文在寅政府の性格が、問わず語りに語られていると言えるだろう。

 表向きは民主主義の仮面をかぶりながら、内心は北朝鮮のような独裁国家でしか起こりえない凄まじい統治を行い、それがむしろ相手側の支持率を引き上げることにつながっているというわけだ。

 文在寅大統領は、米国大統領選挙で「反北朝鮮・親日」性向のバイデン候補が当選確実となると、今後の半島情勢を心配したのか、日本政府に対話の手を伸ばし始めた。

 しかし、菅義偉首相はまともに取り合わない。

 相手国の立場は少しも考えず、前政権が構築した友好関係を粉々に壊しながら、今になって対話を望むなど厚かましいことこの上ない。

 自分が任命した検事総長を、自分の嘘を信じたという理由でひどい目に遭わせた大統領と、どの国の代表が対話をしたいと思うだろうか。

 菅首相が文在寅大統領をスルーして尹錫悦総長と会い、笑いながら対話をする方が今後の日韓関係の発展にプラスに作用することだろう。

韓永(ハン・ヨン)
検察担当記者などを経て現在フリー

週刊新潮WEB取材班編集

2020年11月27日 掲載