離婚したい専業主婦が942万円を手にしたテク 妻は「2分の1」の権利

ざっくり言うと

  • 専業主婦だった妻が約2年の別居の末、離婚の際に942万円を手にいれた
  • 財産分与の按分割合は折半が原則で、妻は2分の1の権利を持っている
  • 4年分の婚姻費用624万円と財産分与318万円を合わせて942万円となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x