25日、テレビ朝日とABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『みえる』」#5が放送。11月22日“いい夫婦の日”にテレビディレクターと入籍した元SDN48・野呂佳代が、元AKB48・板野友美が祝福コメントを出していないことを根に持ち、今週27日(金)に発売される写真週刊誌「FRYDAY」(講談社)にスクープされることを期待した。

▶︎動画:野呂佳代、板野友美の熱愛スクープを期待

 #5では、「今週FRYDAYにスクープされる有名人」を当てることに。野呂はAKB48グループの後輩・板野の名前を挙げ、「熱愛の方で記事が出たらいいなって」「YouTuberあたりといってほしい。ともちんだから、登録者数200万はないと」「付き合う中でお金がかかることもあるだろうから」とさまざまな“リクエスト”をした。

 しかし、野呂が板野をターゲットに選んだのには、もうひとつの理由が。先日入籍したばかりの野呂は「22日に婚約発表をして、次の日にネットニュースにもなって、ありがたいなと思っていた」と語りつつ、「でも、イベントで私についてコメントを求められた板野さんが、私のことを『おめでとう』とも言わず、『結婚します、私』と言っているのをニュースで読んだ」「私のお祝いも差し置いて」と主張。MCの東野幸治は「たぶん言ってんのよ。でも字数が多いから削られたのよ」と板野をフォローしたが、「でも、ともちんならすごい」と、野呂の予想に乗っかっていた。