ペンじゃないよ、ふりかけだよ!まるでマジックインキな「マジックふりかけ」に関東シリーズ7種類登場

写真拡大 (全3枚)

ロングセラー商品「マジックインキ」をなんと”ふりかけ”にしてしまった「マジックふりかけ」。ヘソプロダクションからこれまでに「関西シリーズ」、「日本の味シリーズ」が発売されていましたが、

今度は日本の味シリーズ!マジックインキが何故かふりかけになった「マジックふりかけ」の第2弾が登場

このほど、新しいラインナップ「マジックふりかけ 関東シリーズ(7種)」が登場です。

はてな?マークが印象的な「マジックインキ」。1953年に発売され現在ではフェルトペンの代表的な商品の一つになっています。

「マジックふりかけ」は「マジックインキ」の形そっくりなペン型ふりかけ。関東シリーズではこちらの7種類がラインナップ。みなさんの馴染みある地域は何味になっていましたか?

東京限定/もんじゃ(黒)東京限定/醤油ラーメン(金)横須賀限定/カレー(黄)群馬限定/ホルモン焼き(黒)栃木限定/餃子(赤)茨城限定/梅(桃)千葉限定/シーフード(空)

容器にはふりかけが6gほど入っており、なくなったら自分で中身を補充できるのが嬉しいポイント♪ オフィスに一本常備しておいたり、バッグの中にいつも入れておけば、重宝すること間違いなし!

「マジックふりかけ(関東シリーズ)」は2020年11月27日(金)より開催の「文具女子博2020」で先行販売。その後、12月1日〜東武池袋中央地下コンコース売店にて販売開始予定です。

価格は680円(税抜)。