全日本空輸(ANA)と東京空港交通は、MaaS分野における連携を開始し、ANAの「空港アクセスナビ」でリムジンバス予約・決済ができるサービスを11月30日から開始する。

「空港アクセスナビ」は、航空便の運航情報と搭乗口などのロケーション情報を経路検索サービスに統合したサービス。「出発地から搭乗まで」だけでなく、「降機から最終目的地まで」のルート案内を行うことで、シームレスな移動体験を提供するもの。一部地上交通機関との連携により、空港まで・空港からのアクセスの予約・決済もできる。

連携により、航空券とリムジンバスの予約・決済がインターネット上から一連の操作で行えるようになる。利用便の着陸後、実際の到着時刻に基づいて、降機からリムジンバス乗車までの移動時間を考慮した経路検索によって、バスの予約・決済が可能だという。

対象は、東京空港交通のウェブサイトで予約可能な羽田・成田空港を発着する全ての空港アクセスバス。バス乗車日の1か月前から出発当日5分前まで予約できる。