てんかん影響の事故で無罪判決 「発作の恐れの認識乏しく」

ざっくり言うと

  • てんかんの発作を起こす恐れがある状態で運転し事故を起こしたとされる被告
  • 福井地裁が無罪(求刑懲役10月)の判決を言い渡していたと26日、分かった
  • てんかんの発作の恐れがあると認識しておらず故意を欠くと裁判官は指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x