近畿地区大会男子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【第43回全国選抜高校テニス大会】

写真拡大 (全3枚)

今回の近畿地区大会の男子優勝に輝いた澁谷竜矢監督率いる相生学院高等学校の主将 、宮粼夕(みやざきゆう)選手と、S1の栗山晃太朗(くりやまこうたろう)選手にインタビューを行った。

●主将  宮粼夕さん


Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「日頃の練習から切磋琢磨して来た仲間とのチームワーク、そして監督やコーチとの信頼関係です」


Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「全国選抜高校テニス大会男子2連覇と全国選抜高校テニス大会男女アベック2連覇が目標です」


Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チームの模範となるように自らが声を出し、部活動全体を活気づける事です」


Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜高校テニス大会まで、まだまだ時間があるので、今まで以上にレベルアップをし、昨年の先輩方が戦えなかった悔しさを糧に、全国選抜2連覇目指して頑張りたいと思います」


●S1 栗山晃太朗さん
Q:好きなプレースタイルは?
「武器であるサーブとフォアハンドストロークを軸として自分から積極的に攻めてくプレイスタイルです」


Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
栗山選手「速いフラットサーブと、しっかり肩を入れてボールを引き寄せてから打つフォアハンドストロークです」

Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「以前はストロークでのテイクバックが遅く、降り遅れる事が多かったので、テイクバックを速く引く事と、打った後の動きも遅く、コートカバーが出来ていなかったので、誰よりも速くセンターに戻る事の2つを1番に意識しています」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「どのチームよりも強いシングルス1になるように努力して、チームの勢いを作れるような存在になって、全国選抜優勝に貢献していきたいです」

Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「小さい頃からテニスをやっていたので生活の一部というか、生活の中心になるくらい大切な物です。全国選抜優勝を目指して頑張っていきます!」

●澁谷監督からの総評コメント
「試合がほとんどない中で新チームがスタートした為、試合経験も浅く試合で失敗する事が沢山あった。だが少しずつ社会情勢も良い方向になり、試合や練習試合を多く重ねる事によって、様々な状況に対応出来るようになり、全国選抜高校テニス大会を優勝した時のチームや、昨年のチームに引けを取らない良いチームとなった」

「この度の全国選抜近畿地区大会では、精神面・体力面・技術面と全てにおいて成長した姿が見られた。各自の毎日の努力と、チーム一丸となって組織としてのチームワークが良くなっているからだと感じている」

「相生学院高等学校のテニススタイルでもある、”攻めるテニス”を全員が最後まで貫き、全国大会男子2連覇・アベック2連覇を達成出来るチームになるよう切磋琢磨していきます」

相生学院高等学校男子の皆様、優勝おめでとうございます。
切磋琢磨して練習に励んだチーム力と強い信頼関係を力に、目標達成に向けて頑張ってください。

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は相生学院高等学校の皆さん
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)