iPhone史上最高のクオリティに到達したiPhone 12 Proシリーズのカメラの使いこなし術を探求する

写真拡大

 アップルが2020年秋に発売する4機種の新しいiPhoneの中で上位モデルに位置付けられる「iPhone 12 Pro Max」と「iPhone 12 Pro」の特徴を際立たせる「カメラ性能」に着目しながら新製品をレビューしたい。冬休みに備えてiPhoneのカメラをフルに活用する方法を確かめておこう。

●最新の「A14 Bionic」チップが実現するiPhone史上最強のカメラ

 ユーザーから見たiPhoneが搭載するカメラの最も大きな特徴はやはり、静止画・動画の撮影ともに「シャッターを押す」こと以外に複雑な設定、細かい操作を必要とせずに、誰でも手軽にきれいな写真やビデオが撮れるところにあるのではないだろうか。iPhoneはそのシンプルな操作性ゆえに多くのユーザーに選ばれているスマホだが、特にカメラの使いやすさもiPhoneユーザーが親近感を覚える大きな要因の一つになっている。

 iPhone 12シリーズには共通してアップル最新鋭のモバイル向けシステムICチップである「A14 Bionic」が搭載されている。この高性能チップと機械学習処理に特化するNeural Engineが高度に連携することによって実現する「コンピュテーショナルフォトグラフィ」のテクノロジーにより、ユーザーは一度のシャッター操作だけで被写体やシーンを問わず、美しい写真やビデオをiPhone 12シリーズのカメラで撮れるのだ。

 コンピュテーショナルフォトグラフィを代表するテクノロジーの柱には、明暗の差が大きな風景や、陽光を背に受ける人物のポートレートなど、再現の難しい被写体の輪郭とテクスチャーの細部を正確に再現する「スマートHDR 3」がある。

 iPhone 12 Proで撮影した写真を見てもらえばわかるように、ハイライトの飛び、暗部のつぶれを抑えながら中間階調も滑らかに再現している。このような写真が簡単に撮れるのは、A14 Bionicチップがカメラシステムの能力を最大限に引き出すことで、同時にノイズリダクションや複数枚画像の合成など複雑な処理をパワフルにこなしているからだ。

●暗い場所でも明るく色鮮やかな写真が撮れる

 「Deep Fusion」は比較的暗い場所で被写体の色合いや質感を残した繊細な写真を記録するために欠かせない技術だ。カメラが異なる露出設定により複数の画像を記録して、次に被写体がベストな露出に整うように画像を組み合わせてハイライトや暗部のディティール情報を追加する。最後に全体的なノイズを低減して1枚の画像を生成する。ユーザーが一度シャッターを操作するだけで、iPhone 12シリーズのカメラは驚くほど複雑で多岐に渡る処理を一気に行っているのだ。

 このDeep Fusionの仕組みを応用した「ナイトモード」はiPhone 11シリーズから搭載されている、夜景や暗い場所での写真撮影を強力にサポートする機能だ。明るさの足りない場所で被写体にiPhoneのカメラを向けると黄色いナイトモードのアイコンが画面に出現する。アイコンに表示されている時間内にiPhoneが複数枚の静止画データをキャプチャして、合成処理により明るくノイズの少ない写真を記録する。iPhone 12シリーズからはナイトモードがフロント側のTrueDepthカメラでも使えるようになり、明るく色鮮やかなセルフィー撮影が楽しめるようになった。

 またiPhone 12 Proシリーズでは被写体の背景にボケ味を加えるポートレートモードの撮影時にもナイトモードが使える。そして上位モデルであるProシリーズには、光を被写体に反射させて戻ってくるまでの時間に正確な距離を測るLiDARスキャナが内蔵されているので、暗い場所でも被写体に対して速く・正確にフォーカスが合う。立体感のあるクリスマスイルミネーションの風景、子どもの寝顔などを写真を撮る際にもLiDARスキャナの真価が発揮されるので、iPhoneによる写真撮影を極めたいという方にはiPhone 12 Proシリーズを選ぶことをおすすめしたい。

●4機種の中でも最高性能のカメラを備えるiPhone 12 Pro Max

 iPhone史上最大の6.7インチSuper Retina XDRを搭載するiPhone 12 Pro Maxは、実はカメラ性能もiPhone史上最強のスマホだ。A14 Bionicチップが実現するコンピュテーショナルフォトグラフィのテクノロジーはもちろんフルサポートしている。本機はさらにメインのトリプルレンズカメラの望遠性能がiPhone 12 Proよりもさらに優すぐれており、65mm相当の2.5倍光学ズームに対応する。

 iPhone 12 Pro Maxは広角カメラのイメージセンサーがiPhone 12 Proよりも47%大きいので、より多くの光が取り込める。最も頻繁に使う広角カメラの写真・動画撮影が一段と安定していることが本機の大きな強みだ。

 そして、iPhone 12 Pro Maxには広角カメラのイメージセンサーをシフトさせて、静止画・動画撮影時の手ぶれを防ぐ「センサーシフト光学式手ぶれ補正」が搭載されている。SNSに公開するビデオも細かな手ぶれが抑えられるので、日常の何気ない生活シーンをビデオで撮る機会がさらに楽しく感じられるはずだ。

 iPhone 12シリーズから、メインとフロント両側のカメラでHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)の高画質技術に対応するビデオ撮影ができるようになった。iPhone 11 ProもHDRビデオを「見る」ことはできたが、Dolby Vision方式のHDRビデオを「撮る」だけでなく、iOSに標準搭載されている「写真」アプリで簡易なエフェクト設定や編集もできる。これは他のスマホにはないiPhone 12シリーズだけの魅力だ。

 iPhone 12 Pro Maxはセンサーシフト光学式手ぶれ補正により、目で見る風景に近い煌びやかな夜景をにじみなく色鮮やかに撮れる。オリジナルのHDR動画を高精細な6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイで視聴すると、動画を撮影した場所と時間の体験がリアルに蘇ってくる。旅行の記録にもぜひiPhone 12 ProシリーズのHDRビデオを活用したい。

●iPhone 12 Pro MaxとAirPods Proの組み合わせでサラウンドシアターを楽しもう

 最後に、iPhone 12シリーズとアップルのワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」との組み合わせでリッチなサラウンド映画体験が味わえる新機能「空間オーディオ」を紹介する。

 アップルが秋に配信を開始したiOS 14/iPadOS 14から新しく搭載される空間オーディオは、Apple TV+で配信されているDolby Atmos、または5.1チャンネル以上のサラウンド音声を収録するビデオなど、空間オーディオに対応するコンテンツをAirPods Proを使って再生した時に立体サラウンド音声が楽しめるという機能だ。

 空間オーディオにはAirPods Proを装着しているユーザーが頭の向きを変えたり、iPhoneを動かしたりしても、サラウンド音声があるべき位置に定位したまま正しい位置から聞こえてくるダイナミック・ヘッド・トラッキングという機能がある。つまり、空間オーディオによってあたかもコンテンツの中に入り込んでしまったかのようなリアルな没入体験を、iPhoneとAirPods Proのシンプルな組み合わせにより味わえるのだ。 iPhone 12 Pro Maxの6.7インチの大きな画面を活かして楽しむ空間オーディオシアターの醍醐味はまた格別だ。iPhone 12シリーズなど、Apple製のデバイスを購入するとApple TV+が1年間無料で楽しめるサービスも見逃さずに活用したい。AirPods Proをまだ持っていない方は、この冬に自分へのクリスマスギフトとして手に入れて空間オーディオによる新しいモバイルコンテンツの視聴体験を満喫してみてはいかがだろうか。(フリーライター・山本敦)