霜降り・せいや“広瀬アリスアンチ”から大ファン転身の理由

写真拡大

お笑いコンビ・霜降り明星せいや(28歳)が、11月23日に放送されたバラエティ番組「霜降りミキXIT」(TBS系)に出演。女優・広瀬アリス(25歳)に対して、アンチから大ファンになった理由を説明した。

広瀬と以前番組で共演したせいやは、広瀬が出演していた連続ドラマ「釣りバカ日誌」(テレビ東京系)が大好きだったそうで、「小林みち子さん役(主人公の恋人、後に妻)をやられてるんですよ。 俺はもうホンマに勝手にそのドラマ始まった時、みち子さんは(映画版の)浅田美代子さん以外考えられへん。何でこれ絶対無理やろみたいにちょっとアンチやったのよ」と話す。

せいやは「アリスちゃんかわいいけど、みち子さんはちゃうわと思ってたら、完璧にこなして。マジで新しいみち子さんの扉開けてくれて、マジで大ファンになったの。それから会う度『釣りバカ日誌』大好きですって言ってる」と語った。