カリム・ベララビが即座に、再びヨーロッパリーグの舞台でも、バイヤー・レヴァークーゼンの一員として戦列に加わることになった。30才の元ドイツ代表ウィンガーは、10月29日に行われたスラヴィア・プラハとの一戦にて、前半22分にファウルをおかして退場。

 その後にペーター・ボシュ監督からの叱責と、そしてUEFAからは2試合の出場停止処分が言い渡されていたのだが、しかしながらこれに異議を申し立てたレヴァークーゼンの希望が叶い、出場停止は1試合へと短縮。すでに11日のハポエル・ベエルシェバ戦にて欠場していたことから、今週木曜のホーム戦よりオプションとなることが確定した。