仏パリの裁判所に到着したニコラ・サルコジ元大統領(2020年11月23日撮影)。(c)Bertrand GUAY / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)フランスの首都パリで23日、ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)元大統領の汚職事件をめぐる公判が始まった。大統領経験者が被告として法廷に立ったのは、同元大統領が初めて。

 サルコジ元大統領は収賄罪に問われ出廷。現場で取材に当たっているAFP記者によると、記者団に対する発言はなかったという。

 フランスの大統領経験者としては、ジャック・シラク(Jacques Chirac)元大統領も退任後に架空雇用事件で起訴されているが、健康上の理由により出廷はしなかった。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
サルコジ仏元大統領の予審開始決定 リビア資金疑惑
アラブ諸国でフランス製品不買運動、仏外務省が在外仏人の安全に懸念表明
相撲をこよなく愛した日仏友好の懸け橋、ジャック・シラク元大統領